CAM MODE
CAM モード

リージョン

線分、円、円弧、楕円、楕円弧、およびスプライン曲線から成る閉じた 2D 領域。

境界
区切りを示して、その内外を指定する、区切りのこと。


一番外側の1つ内側の境界を使用するときそれを島と呼びます。

Once the setup has been completed and saved you can now start importing your files and creating toolpaths.
一旦セット・アップが作成、保存されれば、 ファイルを読み込みツールパスの作成を始められます。
To import a CAD file click on FILE menu tab and select the format to suit the filetype you are importing.
ファイルメニュー・タブ上のCADファイルを適 するフォーマットを選択してクリックし読み 込みます。

Working with DXF files
DXFファイルでの作業
Once imported, your DXF file should be seen in the centre of the edit screen.

以前読み込まれた、DXFファイルは編集スク リーンで見られるます。
Unlike STL file formats, DeskCNC cannot automatically generate toolpaths around the object.
DeskCNCはSTLファイル・フォーマットと異なり、DXFでは、自動的にオブ ジェクトのまわりのツールパスを生成することができません。

Before any toolpaths can be created selected regions of the drawing and the machining operation need to be selected.
図面および機械加工できるオペレーションを選択してから、ツールパスも選択された領域も作成できます。
The selection menu can be accessed by pressing the right mouse button whilst the mouse is in the edit window.
マウスが編集ウィンドウにある間、正しいマウ スボタンを押すことにより、選択メニューをアクセスすることができます。
The selections are:
選択は次のとおりです:
Select All
すべての選択
This command will automatically select all islands within all boundaries, all boundaries within all islands (Nested boundaries and nested islands), and all open regions.
このコマンドは、自動的にすべての境界内の 島、すべての島(入れ子の境界および入れ子の島)の内の
すべての境界およびすべての開いた領域をすべて選択するでしょう。

Use this command when you want to generate toolpaths for the entire DXF File or the majority of it.
DXFファイルやその他多くのデータからツー ルパスを生成する場合、このコマンドを使用してください。
To Cancel select operation
操作の取り消し
Press Esc.
Escを押してください。

Deselect All
すべてを徐外します
This command will Deselect everything.
このコマンドはすべてを徐外します
All boundaries, islands, and selected contours will revert back to unselected regions.
境界、島および選択された輪郭の領域は、すべ て選択解除されます。

Tip
助言
Use the Information command to see which islands belong to which boundaries.
どの島が、どの境界に属するか情報を確かめるコマ ンド

It is easier to select more regions than desired and then Deselect what you don't want than to select what you want one at a time.
より多くの領域を選択し、次に1回に1つずつ、選択あるいは除外出来ます。

Select All Open
開いたすべてを選択します
This command allows you to select only open regions.
このコマンドは、あなたが開いた領域だけを選 択します。
Open regions can be processed by the Contour function only.
開いた領域を輪郭機能で処理する ことができます。

Deselect All Open
開いた領域をすべて除外
This command will deselect all selected contours.
このコマンドは選択された輪郭をすべて除外します。

Select All Closed
閉じた領域をすべてを選択します
This command will select only those regions that are closed.
このコマンドは、閉じた領域だけを選択します。
It will automatically determine islands within boundaries and boundaries within islands (Nested boundaries and islands).
自動的に島(入れ子の境界および島)の内の境 界および境界内の島を選択します。
It is most useful when utilizing the Pocket command.
ポケット・コマンドを利用する場合、それは最 も有用です。

To Cancel select operation
選択操作の取り消し
Press Esc.
Escを押してください。

Deselect All Closed
閉じた領域のすべてを除外
This command will deselect all selected closed boundaries and islands.
選択された閉じた境界および島をすべて除外します。

Select Window
選択
This command will select all boundaries, islands, contours, nested boundaries, and nested islands within the selection box.
選択内の境界、島、輪郭、入れ子の境界および入れ子の島をすべて選択します。
To use this command, hold the left mouse button down and drag a box around the area you are interested in.
このコマンドを使用するためには、左のマウス ボタンを押しておいて、目的のエリアをでドラッグして選択してください。

Deselect Window
除外選択
This command will deselect everything within the deselection box.
選択内のすべてを除外します。
To use this command, hold the left mouse button down and drag a box around the area you want to deselect.
このコマンドを使用するためには、左のマウス ボタンを下げておいて、目的のエリアをでドラッグして選択してください

Select Region
領域の選択

Use this command by clicking the left mouse button on the outermost closed region that you are interested in.
外側の閉じた領域を左マウスボタンでクリック してください。

It becomes a boundary.
それは境界になります。

All islands to this boundary, contours, nested boundaries, and nested islands within this boundary will automatically be detected and selected.
この境界の島、輪郭、入れ子の境界およびこの境界内の入れ子の島はすべて、自動的に検知され選択されます。


Deselect Region
領域選択を除外
Use this command by clicking the left mouse button on the outermost selected closed region that you are interested in.
最も外側の選択された閉じた領域上で左のマウ スボタンのクリックをして下さい。
All islands to this boundary, contours, nested boundaries, and nested islands will be deselected.
この境界への島、輪郭、入れ子の境界および入 れ子の島がすべて徐外されます。

Tip
助言
If your geometry has only one boundary (NOT counting nested boundaries) then this command will be a little faster than the Select All command with the same results.
構造がそのとき単に1つの境界(入れ子の境界 を数えるない)を持っている場合、このコマンドは他の同じ様なコマンドより少し速い。

Select Single
単一の選択
This command will select a single region.
一つの領域を選択するコマンド
Click the left mouse button on the region you want to select.
あなたが選択したい領域上で左のマウスボタン をクリックしてください。
DeskCNC will determine whether this region is a contour, boundary, or an island to an existing boundary.
DeskCNCは、この領域が輪郭、境界ある いは既存の境界への島かどうか決めます。
*
*
Deselect Single
単一を徐外
This command will deselect a single boundary, island, or contour.
一つの境界、島あるいは輪郭を徐外します。
Click the left mouse button on the region you want to deselect.
あなたが外したい領域上で左のマウスボタンを クリックしてください。

Tip
助言
Select an outer boundary first, then select its islands when using this function.
外部の境界を最初に選んで、次に、島を選択する場合この機能を使用してください。
*?*
Select Empty Circles
空の円を選択します
This command will select all circles that have no other regions inside of them.
このコマンドは、それらに内部の他の領域を 持っていない円をすべて選択します。
It is used
それが使用されます。
mainly for the Drill function to select the drill points.
ドリル機能のときはドリル・ポイントを選択する

Deselect Empty Circles
空の円を徐外します
This command will Deselect all circles that have no other regions inside of them.
このコマンドは、それらに内部の他の領域を 持っていない円をすべて徐外します。

Declare Boundary
境界の宣言
This command will select a closed region and force it to become a boundary.
このコマンドは閉じた領域を選択し、境界とし ます。
Click the left mouse button on the region you want to select as a boundary.
あなたが境界として選択したい領域上の左のマ ウスボタンをクリックしてください。
You may never need this command.
このコマンドは必要ないかもしれません。

Use this command if one of DeskCNC's automatic selection tools fails to select a region as a boundary and you know it should be!
DeskCNCの自動選択ツールで境界の領域 を選択出来ないか、それが予想されるときは、このコマンドを使用してください!

Declare Island
島の宣言
Use this command to force a region to become an island.
領域を島にするときに使います。
To use this command you must first declare the boundary that this region will be an island to.
このコマンドを使用するには、先にこの領域が 島になる境界を宣言して下さい。
Left click on the boundary (It does not have to actually be selected).
境界上を左クリック。 (それを現実に選択している必要がありません)
Now left click on the region you want to force to become an island to this boundary.
領域を島にする境界上で左クリックして下さい。
You may never use this command.
Use it if one of DeskCNC's automatic selection tools fail.
DeskCNCの自動選択ツールが失敗する場 合は、
このコマンドを使用してはなりません。

Tip
助言
Use the Information command afterwards to verify that the island is actually an island to the boundary you declared.
実際の島か、宣言した島の境界を、情報コマン ド確認してください。

For more information on working with DXF files see the tutorial in the appendix at the back of this manual.
DXFファイル操作の詳細は、マニュアルの後 ろに付録の教本があります。

Editing DXF Files

DXF ファイルの編集


Delete Selected Regions
選択された領域の削除

This command is used to clean up a DXF File that contains a large number of Regions that you are not interested in.
不用の領域があるDXFファイルをきれいにし ます。
You may never need to use this command.
このコマンドは必要ないかもしれません。
It is available because it may make the geometry more readable and slightly speed up certain Pocket or Contour toolpath calculations.
構造を見やすくし、ポケットや輪郭ツールパス 計算を早くするのに使えます。
This command permanently alters DeskCNC geometry.
このコマンドを使うとDeskCNC構造は元に戻りません。
It can not be undone.
復元できません。
The only way to undo this command is to reload the DXF File.
元に戻すには、DXFファイルの再ロードしか有りません。


Example

If you want to Pocket a small portion of a file that contains numerous open Regions.
開いた領域を多く含むファイルの小部分をポケットに入れると。
It May speed up the toolpath calculations slightly and make the View easier to see if you Delete the Open Regions.
ツールパス計算早くなるでしょう、あるいは開 いた領域を削除するとき、見やすくなります。

Reverse Direction of Selected Regions
選択された領域を逆方向にする

When a DXF File is loaded, open and closed Regions are automatically created and their orientation set to either clockwise or counter clockwise (Depending on what option is set under Options).
DXFファイルがロードされる場合、開いたの と閉じた領域は自動的に作られ、
方向は右回りにあるいは左回りに設定されます。(オプションにより依存)。

If needed, use this command to reverse a Regions direction.
もし必要ならば、領域方向を逆にするこのコマ ンドを使用してください。
All closed regions should be orientated in the same direction in order for the Toolpath commands to work properly.
すべての閉じた領域を、適切なツールパスにす る、順序を同じ方角に並べ替えるコマンド
This can be verified by the Show Directions command.
方向指示コマンドでこれを確認できます。

Change First Entity
最初の要素を変更します
This command changes the first entity in closed Region.
このコマンドは、閉じた領域の最初の要素を変 更します。
It can be useful to set the starting point of a toolpath loop.
ツールパスループの出発点をセットすることは便利です。


Operation
操作
Start this command by pressing the Change First Entity button or Selecting Change First Entity from the Edit Menu.
開始要素変更ボタンか編集メニューで開始要素を選択で、このコマンドを始める。
Then use the left mouse button to click on the entity you wish to be the starting segment of a closed Region.
次に、閉じた領域の開始区分をマウスの左ボタンでクリックしてください。
It will be marked with an arrow at its midpoint.
その中間点に矢印が出ます。

To Cancel operation
操作の取り消し
Press Esc.
Escを押して下さい。

Set Machining Order
機械加工方法を設定
With this function the order the Regions are machined can be controlled.
この機能で、領域の機械加工順序を制御できま す。
DeskCNC automatically determines an efficient order of machining when the DXF file is loaded.
DeskCNCは、DXFファイルをロードす るときに機械加工の順序を自動的に決定します。
The machining order can be determined from the use of the Show Information function.
情報表示機能を使い機械加工順序を決定します。
When Set Machining Order is invoked, a Machining Order window pops up.
機械加工順序を設定すると、順序表示窓が出て きます。
Enter the first region that you want to change and press OK.
最初の領域を入力して変更しOKを押して下さ い。
Simply click on each Region in the order you want them machined.
各領域を機械加工する順序でクリックしてください。
Example - If the first four Regions are in the correct machining order then enter 5 and press OK.
例-最初の4つの領域は正しい機械加工の順序 になっていますか、5を入力し、OKを押す。
You then proceed to select the next ( in this case fifth) Region to be machined.
その後、機械加工する次の(この場合第5に) 領域を選択します。
The machining order of Islands and nested Boundaries are automatically calculated and can not be changed.
島の機械加工順序と入れ子の境界は自動的に計 算され変更できません。

Explode selected
分解選択
This function will reduce a region to its individual entities.
この機能は領域をそれぞれの要素に分解しま す。
It will create a separate region for each entity which can then be joined together to form a new region.
それは、連結可能要素が個別に分離した新しい領域です。
It is useful when entities intersect or coincide.
要素が交差するか一致する場合は有効です。
To use this function, first select the regions you want to explode, and then press Explode Selected.
この機能を使用するには、あなたが分解したい 領域を選択し、次に分解選択を押します。

Join selected
連結の選択
This function will join together open regions and form new regions.
この機能はともに開いた領域を連結し、新しい 領域を形成するでしょう。
To use this function, select all entities you want joined into new regions.
この機能を使用するには、、新しい連結領域に統 合する要素を選択し
They do not have to be selected in any order, nor do they all have to be connected to each other.
それらは任意の順に選択する必要がなく、すべ てを接続しなくても良いでしょう。
DeskCNC will join the ones that are connected and form a new region.
DeskCNCは、新しい領域の形成を接続し連結します。
It will not force an entity to be joined with another if they are not connected, therefore multiple regions may be created.
それら要素は接続しなくても良いが、その場合 多数の領域が作られます。
If a new region is closed, it is automatically identified as closed.
新領域が閉じている場合、自動的に閉じたように識別されます。

Tip
助言
If your DXF geometry has intersections, you may need the explode/join functions to create a region as it was intended to be.
DXF構造が交差していると、分解が必要でしょう、/ これは領域を作る連結機能を意味します

Selecting Multiple Depths
多数の深さ選択
Any Region can be set at any depth before executing any of the Toolpath functions.
領域はごとにツールパス機能を実行する前に、深 さごとの設定ができます。
It is recommended that Show Information is active to display the current depth of each region.
各領域の深さの情報表示をして下さい
By selecting 'Change Depths' from the Edit menu, a small window is displayed.
編集メニューで「深さ変更」を選ぶと、小窓が 表示されます。
Islands are automatically updated to reflect the new depths.
島は新しい深さに自動更新されます。
If an Island's depth becomes deeper that its parent Boundary then it becomes a nested Boundary and changes color to reflect this.

島の深さが深くなり、元の境界が入れ子境界に変更すると、色が変わります。

therefore, it is recommended that the depths of Boundaries are changed before the depths of Islands.
したがって、境界の深さの変更は島の深さの前 して下さい。
All depths need not be set under this command.
すべての深さをこのコマンドで設定しなくても かまいません。
Selected Boundaries that have a depth of Zero will take the depth set in one of the toolpath functions.
ゼロの深さの選択境界は、ツールパス機能の設 定された深さになります。
To set a new depth, enter a new depth and select which Regions to apply it to.
新しい深さを入力して設定し、どの領域に適用するか選択して下さい。
The new depth can be applied to all of the Selected Boundaries, all of the Selected Islands, or to an individual Region.
新しい深さは、選択した境界(選択した島)の すべて、あるいは個々の領域に適用できます。
Pressing the Apply button sets the depth(s) and updates the display to reflect the changes.
深さを設定し適用ボタンを押すと、反映し表 示を更新します。

Action of the Multiple Depth function during pocketing
ポケットの複合深さ機能の動作
While machining islands at different depths, DeskCNC will first remove material around an island until it reaches a depth greater than the depth of the island.
DeskCNCは異なる深さで島を機械加工する場合、島の高さより深く、最初に島のま わりを削除します。
DeskCNC will then remove material from the top of the island according to that islands depth.
DeskCNCは、その後、島の上部の材料を切削します。

Selecting Wall Profiles
壁傾斜の選択
When this command is invoked, a DXF file named Profiles.dxf will be loaded.
このコマンドで、Profiles.dxfの DXFファイルがロードされます。
Depths should be set prior to adding wall profiles.
深さは壁傾斜を加える前に設定して下さい。
It is recommended that Show Info is active when using this function.
この機能を使用する場合、情報表示をして下さい。
By default, all regions have no (0) profile which is the same as a straight vertical wall.
意図しないとデフォルトによって、領域はすべて、直線の垂直の壁と同じである(0)傾斜です。

To select a new profile, enter the region number in the region entry box.
新しい傾斜の選択には、窓に領域番号を入力し てください。
Select a new profile in the profile entry box and enter its Delta value.
傾斜入力窓の新しい傾斜を選択して、その変移 値を入力してください。
The profile will be displayed in the profile viewing box.
その傾斜は窓に表示されます。
Press Apply to attach this profile and Delta value to this Region.
押すと、この領域へ傾斜と変移値を割り付けま す。

Delta
変移値
Delta is the offset of the profile at the bottom of the Region.
変移値は領域の底の傾斜のオフセットです。
By changing the offset at the bottom of the profile, a single profile can represent an infinite number of profiles.
単一の傾斜は、傾斜の底のオフセットの変更によって、多数の傾斜を表わせます。
Therefore, a single straight line can represent a tapered wall at any angle and a quarter circle can represent any quarter elliptical profile.
したがって、単一の直線はどんな角度の傾斜壁を、円の4分の1は楕円の傾斜の4分の1を表わすことができます。
By default, the delta value for each region is equal to its height.
意図しないとデフォルトによって、各領域の変移値はその高さと等しい。
At any time, entering a - (negative value) will cause the default delta value to be set.
いつでも(−負の値)を入力するとデフォルトのデルタ値に設定します。
Entering a value greater than the default will increase the bottom offset of the profile.
デフォルトより大きな値の入力は、傾斜の底の オフセットを増加さます。

Creating New Profiles
新しい傾斜の作成
In your CAD program, load the file profiles.dxf.
あなたのCADプログラムで、ファイル profiles.dxf(傾斜.dxf)をロードしてください。
Find an empty area and draw a new profile.
空の部分に、新しい傾斜を描いて下さい。
Keep the aspect ratio consistent with what you intend to use this profile for.
縦横比をこの傾斜に一致させてください。
In other words, draw the profile exactly as you would want to use it.
言いかえれば、目的比率に正確に傾斜を描いて下さい。
The size of the profile is unimportant.
傾斜の寸法は重要でない。
The profile will be scaled to the depth of the region it is attached to.
傾斜の寸法は、領域の深さに合わされます。
Save the new file as Profiles.dxf.
Profiles.dxfで新しいファイルを 保存してください。

Creating Toolpaths

ツー ルパスの作成


Use these commands to create a Machine Code File from the DXF File geometry.
DXFファイル構造から機械コードファイルを 作成する、これらのコマンドを使って下さい。

The Pocketing Function Definitions and Guidelines
ポケット関数の定義およびガイドライン
X-Y Step Size
X-Yステップ・サイズ
The amount to offset the next loop in the spiral pocket.
螺旋状のポケットの次のループ。オフセット 量。
It is automatically calculated if the diameter of the tool is known and the Tool Overlap in the options is >0.
ツールの直径が、ツールがオプションの中で オーバーラップする場合、それは自動的に0以上に計算されます。
X-Y Step Size = Tool Overlap x Diameter.
X-Yステップ・サイズ=ツール直径のオー バーラップ。
Enter a new value to override.
オーバーライド(上書き)の新しい値を入力し てください。

Pocket Depth
ポケット深さ
The finished depth of the pocket.
ポケットの仕上げ深さ。
Enter a positive value.
正の値を入力してください。
If depths were added using the Change Depths function, then only Boundaries with a depth of Zero will be set to this depth.
もし深さ変更機能で深さが加えられれば、ゼロの深さの境界だけがこの深さにセットされるでしょう。
All others keep their current depth.
他のものは元の深さを維持します。

Z Step Size
Zステップ・サイズ
The depth to cut each roughing pass.
荒削り工程の深さ。
If the depth of a Boundary is greater than this value, multiple passes will be created.
境界の深さがこの値より大きいと、多数のパス が作成されます。

Stock to leave
残し量
The amount of material left over for the finishing pass.
仕上げ工程の切削量。

Feedrate
送り速度
The machining speed to perform the pocketing operation.
ポケット加工の機械加工速度。
(注:ポケットの意味は2つ有るかも知れな い)

Use Finishing Pass check box
仕上げ工程のチェックボックス。
When checked the finishing parameters will be enabled.
チェックすると、仕上げパラメーターは有効に なります。
A finishing pass consists of removing material left by the roughing pass's).
仕上げ工程は、荒削り工程の残り材料を切削します。
The Stock To Leave field in the roughing pass section does not have to be filled in.
荒削り工程残し量は記入しなくて良い。
You should always use a finishing pass when your geometry has islands as the roughing pass will not completely trace the entire outline of the islands.
荒削り工程が島の全アウトラインを完全にトレースしない様に、構造体が島を持っ ている場合は常に仕上げ工程を使って下さい。

Finish Island / Boundaries / Both
島の仕上げ/境界/両方
Islands only will only finish the islands during pocketing.
島はポケットに入れることの間に島を単に終了 するでしょう。
Islands and boundaries will finish both islands and boundaries.
島と境界は島および境界の両方を終了するで しょう。
Both + Bottom will also finish the bottoms and tops of islands and boundaries.
両方とも+底は、さらに島と境界の底および トップを終了するでしょう。

The Contouring Function
輪郭をたどる機能
Contouring Depth
輪郭の深さ
The finished depth of the contour.
輪郭の仕上げ深さ。
Enter a positive value.
正の値を入力してください。
If Depths were added using the Add Depths function then enter a value of zero here.
深さを加えたら、0の値を入力して、深さ機能を加えてください

Z Step Size
Zステップ・サイズ
The depth to cut each pass.
各パスの切削深さ。
Entering a value less than the depth of a region will create multiple passes in Z Step increments until the final depth is achieved.
領域の深さ未満の値を入力するとZステップ・ インクリメントで、最終深さまで、多 くのパスを作成します。

Feedrate
送り速度
The rate to perform the contouring operation.
輪郭をトレースする速度。

Cutter Compensation (None)
カッター補償(無)
Setting cutter compensation to off will produce toolpath segments that trace the selected regions exactly.
カッター補償の無し設定で、選択領域を正確に トレースするツールパスセグメントを生産します。

Cutter Compensation (Left, Right)
カッター補償(左、右)
Setting cutter compensation to Left will produce toolpath segments that are offset by the tool diameter on the left side of Regions.
左にカッター補償設定すると、領域の左側の ツール直径にオフセットするツールパスセグメントを生産します。
Left or Right are calculated from the direction of the start of the first segment to the end of the first segment.
第1のセグメントのスタートのから第1のセグ メントの終了の方向左か右が計算されます。
DeskCNC will offset the toolpaths by the diameter of the tool on this side of the contour.
DeskCNCは、輪郭の側のツールの直径に よってツールパスをオフセットさせます。

Cutter compensation (Cutout)
カッター補償(切り抜き)
Setting cutter compensation to cutout will offset all islands by the tool diameter on the inside first and then offset all boundaries on the outside.
切り抜きにカッター補償を設定すると、内部のツール直径によって島を最初にオフセットし、次に外部の境界をすべ てオフセットします。
This will effectively cutout a selected region.
切り抜き、選択された領域に有効です。
It has no effect on open contours.
開いた輪郭に効果がありません。

Common Tooling Parameters
共通の加工パラメーター
These definitions and guidelines are common to all toolpath functions.
これらの定義とガイドラインはすべてのツール パス機能と共通です。
For help on an individual toolpath function see the help for Pocket, Contour, Drill, or Route.
個々のツールパス機能のヘルプは、ポケット、輪郭、ドリル、ルート用のヘルプを見て下 さい。

Tool Number and Name
ツール番号と名前
Select a tool from the drop down tool selection box or enter a Tool number directly.
ツール選択窓からツールを選ぶか、ツール番号 を直接入力して下さい。
This number will be reflected in the Posted Machine Code.
この数は記入された機械コードを示します。
Enter a name in the Tool Name box.
ツール名前窓に名前を入力してください。
This name will be commented into the Posted Machine Code file when Toolpaths are saved.
ツールパスを保存すると、記入機械コードファ イルがこの名前に成ります
When selecting a tool from the tool library, tool parameters are automatically entered.
ツール・ライブラリーからツールを選ぶと、 ツール・パラメーターは自動的に入力されます。

Rapid height
回避高さ
The height at which rapid traverses occur .
回避横断をする高さ。
Enter a value the amount above the work piece (Z=0) to allow clearance for the tool when it is traveling to its next position.
その次への移動にツールのクリアランス、(Z =0)以上の値を入力してください。
This value is always positive.
正の値です。

Spindle RPM
主軸回転数(RPM)
The speed (In RPM) to set the spindle to.
主軸の設定速度(RPMで)。
Use a value that reflects your cutters diameter and the material you are machining.
カッター直径、と加工材料で必要な値を使用し てください。

Plunge rate
Z軸送り速度。
The rate to drop the tool or drill.
ツールかドリルの上下速度。

Coolant
冷却液
Select either On or Off.
ON/Offの選択。

Configuration Select a user defined configuration from the entry box and press Load.
配置は、エントリー箱からのユーザの配置定義を選択し、ロードを押す。
All saved parameters will be loaded.
保存された、全パラメーターをロードします。
To save a new configuration, enter all tooling parameters first.
新しい配置を保存するには、先に加工パラメー ターを入力してください。
Then enter a unique identifying name in the entry box and press save.
次に、エントリー窓に特定可能な名前を入力し て保存して下さい。
If the configuration already exists, you will be asked to overwrite it.
配置名が既に存在する場合、それに上書きする か聞かれます。
To delete a configuration, select it from the entry box and press delete.
エントリー窓からそれを選び、削除を押すと配置を削除します

Entry and Exits
入り口と出口

Entries and exits are available for the contour function and for the finishing pass of the pocket function.
入り口と出口は、輪郭機能とポケット機能の仕上げパスに利用可能です。
By default, entry/exits will turn away from the contour.
デフォルトによって、入り口/出口は輪郭から遠ざかって回避するでしょう。
The side of which the entry/exit is located can be reversed by entering a negative value for the length or radius.
入り口/出口が位置する側は、長さか半径に対する負値の入力により逆にすることができます。
Entering a negative value for a tangent entry/exit has no effect because a tangent lead has no side.
接線には導入側面がないので、接線の入り口/出口に対する負値の入力は効果がありません。

Definitions and guidelines
定義とガイドライン

Arc

Adds a quarter circle of the specified radius tangent to the beginning or end of a contour.
輪郭の始めか終了に指定された半径接線の円の 4分の1を加えます。
Enter the radius.
半径を入力してください。

Perpendicular
垂直
Adds a perpendicular lead of the specified length to the beginning or end of a contour.
輪郭の始めと終了に指定された長さの垂直の導 入を加えます。
Enter the radius.
半径を入力してください。

Tangent
接線
Adds a tangent lead of the specified length to the beginning or end of a contour.
輪郭の始めと終了に指定された長さの接線導入 を加えます。
Enter the length.
長さを入力してください

Working with STL Files

STL ファイルでの使い方


These toolpath functions are used to create toolpaths from 3D STL files.
3D STLファイルからツールパスの作成にツールパス機能を使用します。

For Definitions and Guidelines common to all Toolpath functions go to Common tooling parameters.
すべてのツールパス機能に共通の定義およびガイドラインについては、共通の加工パラメーターを見て下さい。

Definitions and Guidelines
定義とガイドライン

Blank Size
材料サイズ
The Blank is the dimensions of the solid material from which the part is to be machined from.
材料は機械加工される固体の素材の寸法です。
By default, it is set to the extents of the STL geometry.
デフォルトによって、それはSTL構造体の範 囲にセットされます。
Decreasing the default Blank size will machine only a portion of the STL geometry.
デフォルトの材料・サイズを減少させると、 STL構造体の部分だけを 機械加工します。
X1, Y1, and Z1 represent the bottom left corner while X2, Y2, and Z2 represent the top right corner of the Blank.
x2、Y2、Z2が材料の右上コーナーを表わ している一方、X1、Y1、Z1は左下コーナーを表わします。

Male/Female
凸/凹
Selecting Male will cut around the loaded geometry to the extents of the Blank size.
凸を選ぶことは、材料のサイズの周囲までロー ドした構造体のまわりを切削します。
Selecting Female will only cut the geometry and is equivalent to 'inverted' male machining.
凹を選ぶことは幾何学を単に切削し、凸機械加 工を「逆にした」のに等価です。

Direction
方向
Toolpaths can be created along the X or Y axis and follow a Zig Zag pattern.
ツールパスはXかY軸に沿ってジグザグ・パターンに作成し連続します。
For best surface finish, the Finish pass should be opposite the Roughing pass.
最高の表面仕上げは、仕上げパスを粗加工パス の後にして下さい。

Tool type
ツール・タイプ
Three different tool types can selected for machining - End, Ball, or Vee shaped tools.
加工に、直、球、V型の異なる3つのツールタイプ定義を選択します
When a Vee tool is specified, the included angle is required.
Vツールを指定すると、刃先の角度が要求され ます。
An angle of 180 represents an End mill.
180の角度は直角ミルを表わします。

X, Y, and Z Step
X、Y、Z、のステップ
The X Step size is the distance along the X axis for each segment of the toolpath.
Xステップ・サイズはツールパスの各セグメン トのXの軸に沿った距離です。
The Y Step size is the distance along the Y axis for each segment of the toolpath.
Yステップ・サイズはツールパスの各セグメントのY軸に沿った距離です。
The X and Y step sizes are automatically entered for a given tool diameter as specified under Options- X and Y Step size as a percentage of cutter diameter.
オプションで指定されたツール直径用に、X、Yステップサイズはカッター直径の%で自動的に入力されます。
The Z Step size is the depth for each pass.
Zステップ・サイズは各パスの深さです。

Working with Gerber and Excellon Files

ガーバーとエクセロンの操作


DeskCNC features trace isolation and hole drilling for creating prototype PCB boards from Gerber/Excellon files.
DeskCNCは、ガーバー/エクセロンファイルからプロトタイプPCBボード用に溝掘り、キリ穴をトレースします。
It imports Extended Gerber (2.3 Leading Zero format) and Excellon (Trailing Zero Suppression) file formats.
それは拡張ガーバーファイル(2.3の ゼロのリードフォーマット)と、エクセロン (ゼロ抑制)のフォーマットを読み込みます。
The trace isolation geometry can be saved as a DXF file format for processing by other CAD applications.
溝掘り図形は他のCAD処理用のDXFファイル・フォーマットで保存できます。
In addition to the trace isolation capabilities, DeskCNC can create CNC g-code from Excellon standard drilling format files.
DeskCNCは 溝掘りトレースと、エクセロンスタンダードドリルファイルの G-コードを作成します。
The routing tool can pre-spot the through holes to improve the accuracy of the drilled holes, and to reduce the chances of breaking a drill due to wandering tip.
ルーティング・ツールは下穴開けで、穴の正確さを改善し、先端ぶれによるでドリル痛めがない。

After the routing and drilling of the PCB, it can be cut out from the copper clad PCB material.
溝掘り、キリ穴加工の後に、銅箔の有る基板材料をカットします。

Importing Gerber and Excellon PCB Files
ガーバーとエクセロンのプリント基板.ファイルの読み込み。

DeskCNC is designed to import Gerber Photoplot files that follow the Extended Gerber file format.
DeskCNCは、拡張ガーバー・ファイル・ フォーマットとガーバー・フォトプロット・ファイルを読み込みます。
This is all that is necessary for Gerber II files.
これはすべてのガーバー2ファイルに必要なも のです。
In addition, DeskCNC can load the Aperture files from Tango and Protel (PCB CAD Software) photo plots separately.
さらに、DeskCNCは、タンゴ、プロテル(PCB CADソフトウェア)、とフォトプロットからアパチャーファイルを区別してロードします。
When importing PCB files from Tango or Protel, always load the Apertures first before importing the Gerber Photoplot.
タンゴ、プロテル、ガーバー・フォトプロット読み込前にアパチャーを先にロードしてください。
When importing Excellon Drill files, the Drill Definitions may or may not be included in the Excellon Drill file.
エクセロン・ドリル・ファイルを読み込場合、ドリル定義はエ クセロン・ドリル・ファイルに含まれている か判りません。
In such cases, the Drill Definitions can be imported separately after the Excellon Drill file has been imported.
その場合は、エクセロン・ドリル・ファイルを読み込み後、ドリル定義も別に読み込めます。

Creating Toolpaths-
スルーパスの作成-
After selecting Toolpaths - Route a dialog Window will be displayed.
スルーパスを選択した後―対話窓が、表示されます。

Information
情報
The number of selected traces, selected holes, and drill sizes are displayed.
選択されたトレースの数、穴およびドリル・サイズが表示されます。
If a drill definition has not been successfully loaded, the number of missing drill definitions are also displayed.
ドリル定義の読み込みが出来ていない場合、失 敗している数が表示されます。

Operation
操作
When a Gerber file is successfully loaded, the Route Operation will be available.
ガーバー・ファイルを読む込んだ場合、ルー ト・オペレーションは利用可能です。
Likewise, on successful loading of an Excellon file, the Drill operation will be enabled.
同じく、エクセロンファイルを読む込んだ場合、ドリル・オペレーションは可能です。
Both Routing and Drilling can be created by selecting the Route & Drill operation.
溝掘り、キリ穴加工はルートとドリ ル・オペレーションの選択で行われます。

Routing
溝掘り

Spot Drill Depth
下穴あけ深さ
Spot drilling of the through holes with the routing tool can be accomplished by selecting this option.
ルーティング・ツールによる下穴あけはこのオ プションの選択で行われます
When enabled, enter the depth for the spot drilling, being careful not to go too deep with a large Vee cutter thereby increasing the intended size of the through hole.
その機能を使うとき、穴あけのサイズを増加させるので大きなVカッターであまり深くならないように注意して、下穴の深さを登録して下さい。

Depth
深さ
The depth for the Routing operation.
溝掘りの深さ。

Enter a positive value.
正の値を入力してください。

Feedrate
送り速度
The rate to perform the routing operation.
溝掘りを実行する速度。

Tool Number and Name
ツール番号と名前
Select a tool from the drop down tool selection box or enter a Tool number directly.
ツール選択窓からツールを選ぶか、ツール番号 を直接入力して下さい。
This number will be reflected in the Posted Machine Code.
この数は記入された機械コードを示します。
Enter a name in the Tool Name box.
ツール名前窓に名前を入力してください。
This name will be commented into the Posted Machine Code file when Toolpaths are saved.
ツールパスを保存すると、記入機械コードファイルがこの名前に成ります

Rapid height
回避高さ
The height at which rapid traverses occur .
回避横断をする高さ。
Enter a value the amount above the work piece (Z=0) to allow clearance for the tool when it is traveling to its next position.
その次への移動にツールのクリアランス、(Z =0)以上の値を入力してください。
This value is always positive.
正の値です。

Spindle RPM
主軸回転数(RPM)
The speed (In RPM) to set the spindle to.
主軸の設定速度(RPMで)。
Use a value that reflects your cutters diameter and the material you are machining.
カッター直径、と加工材料で必要な値を使用し てください。

Plunge rate
Z軸送り速度。
The rate to drop the tool or drill.
ツールかドリルの上下速度。

Configuration Select a user defined configuration from the entry box and press Load.
配置は、エントリー箱からのユーザの配置定義を選択し、ロードを押す。
All saved parameters will be loaded.
保存された、全パラメーターをロードします。
To save a new configuration, enter all tooling parameters first.
新しい配置を保存するには、先に加工パラメー ターを入力してください。
Then enter a unique identifying name in the entry box and press save.
次に、エントリー窓に特定可能な名前を入力し て保存して下さい。
If the configuration already exists, you will be asked to overwrite it.
配置名が既に存在する場合、それに上書きする か聞かれます。
To delete a configuration, select it from the entry box and press delete.
エントリー窓からそれを選び、削除を押すと配置を削除します

Drilling
穴開け

Clearance height
クリアランス高さ
The height at which rapid traverses occur .
回避横断をする高さ。
Enter a value the amount above the work piece (Z=0) to allow clearance for the tool when it is traveling to its next position.
その次への移動にツールのクリアランス、(Z =0)以上の値を入力してください。
This value is always positive.
それな正の値です。


Depth
深さ
The depth for the Drilling operation.
穴開けの深さ。
Enter a positive value.
正の値を入力してください。

Feedrate
送り速度
The rate to perform the drilling operation.
穴あけの速度。

Board Cut Out
基板切断。

Margin
余裕
The distance between the extents of the traces/pads and the outline of the PC Board.
パターンとパッドの輪郭の相互距離。

Depth
深さ
The depth for the Cut Out operation.
切断の深さ。
Enter a positive value.
正の値を入力してください。
Plungerate The rate to drop the routing tool to initially pierce the PC Board material.
下降速度、プリント基板材料を貫通して、ルー ティング・ツール(刃物)を下げる速度。

Feedrate
送り速度
The rate to perform the drilling operation.
穴開けの送り速度。

Tool Number
ツール番号
Select a tool from the drop down tool selection box or enter a Tool number directly.
ツール選択窓からツールを選ぶか、ツール番号 を直接入力して下さい。
This number will be reflected in the Posted Machine Code.
この数は記入された機械コードを示します。

Creating the toolpaths and Routing a PC Board
プリント基板を加工する、ツールパスを作成します。
Click the Create G-Code button to create the toolpaths.
Create G-コード・ボタンをクリックしてツールパ スを作成して下さい
After the toolpaths have been successfully created, select the menu item Toolpaths - Run Machine.
ツールパスが作成出来たら、「加工実行」ツールパスメニュー・アイテ ムを選択してください。
You will be prompted to save the toolpaths.
ツールパスを保存するように表示が出ます。
The toolpaths will then be automatically loaded and the mode switched to Machine to run your CNC Machine.
ツールパスは自動的にロードされて、その後、CNC機械を実行するモードに切り替えられます。

オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.