DeskCNC
  デスクCNC
 Setup & Operating
 セット・アップと操作
 Manual
 説明書

 DeskCNC Manual

 DeskCNC説明書


 DeskCNC Software
 DeskCNCソフトウェア の説明
 DeskCNC is a Windows based CAM/CNC solution for creating toolpaths, copying existing models, and running CNC machines.
 DeskCNCは、モデルをコ ピーするツールパスを作成し、CNC機を実行するためのウィンドウズ・ベースのCAM/CNC手法です。
 DeskCNC can create toolpaths from DXF, STL, Gerber, Excellon, and Image file formats as well as Digitize existing part geometry (requires optional Probe or Laser Scanner).
 DeskCNCは、
DXF、STL、ガーバー、Excellonおよびイメージ・ファイル・フォーマットや
既存の像型をディジタル化し、ツー ルパスを作成することができます。
(オプションのプローブかレーザー・スキャナ が必要)
 DeskCNC can smoothly run any CNC machine from within Windows.
 DeskCNCは、WindowsでCNC機械を滑らかに実行します。
 It includes a full G-code interpreter/editor and runs in any version of Windows 95/98/Me/Nt/2000/XP.
 それはフルG-コードインタープ リター/エディターを持っており、Windows,95/98/Me/Nt/2000/XPで作動します

コントローラーの説明
 The CNC Teknix DeskCNC Controller handles all linear and circular interpolation and times the output pulses with a resolution of 800 nanoseconds directly from Windows.
 CNC Teknix DeskCNCコントローラーは直線と円弧の運動を、ウインドウズから直接800ナノセカンドの分解能で出力パルスを出しますます。
 It accepts a 24 bit (+- 8 million steps) absolute position and determines the ramp up, slew, and ramp down velocities based on a linear acceleration ramp profile.
 それは24ビット(+-800万 ステップ-)の絶対位置で、進路を、決められたレートで加減速をします。
 Continuous Motion Contouring is available for smooth cutting.
 連続的に輪郭をたどり滑らかな切 断が可能です。
 It outputs standard +5v logic high and 0v logic low step/direction/output signals.
ステップ/方向/出力の信号は標準のロジックで0Vと+5vのパルス出力です。
 The controller can be commanded to turn on four auxiliary relays (not included) if desired.
 コントローラーは、4軸の動作伝 達をします。
 It accepts Home switches, a limit switch, a Digitizing Probe, and an Emergency Stop switch.
 それは、Homeスイッチ、リ ミットスイッチ、プローブ、非常停止スイッチ入力ます。
 It is capable of providing a step pulse rate between 40 - 40,000 Steps per Second.
 それは、毎秒40―40,000 ステップパルスを出力します。

 DeskCNC Requirements
 DeskCNCソフトの必要条件


*Windows 95/98/Me/Nt/2000/XP operating system.
* Windows、95/98/私/Nt/2000/XP年のオペレーティング・システム。
*Recommended: 32 MB and OpenGL compatible Windows Pentium computer.
* 推奨ます:32 MBおよびオープンGL互換性をもつWindows、ペンティアム・コンピューター。

 The Three Modes of Operation
 オペレーションの3つのモード


 DeskCNC integrates CAM (the creation of toolpaths), Verification (the displaying and editing of toolpaths), and CNC Machine Control (the actual running of the CNC machine) into one software package.
 DeskCNCはCAM (toolpathsの生成)、参照(表示し、ツールパスの編集)
およびCNC機械コントロール(CNC機械の実際のランニング)を
1つのパッケージ・ソフトで統合します。
 Drawings or artwork in many different formats can be imported into DeskCNC through the Files Menu.
 様々なフォーマットでの図面ある いはアートワークはファイルメニューによってDeskCNCへ読み込みすることができます。
 Once imported and displayed on screen they can be used as the basis for various toolpathing functions to create the desired model, which can then be saved as a G code program for use on your CNC machine.
 一度、読み込まれ、スクリーンに 表示された、モデルを作成する様々なツールパス機能のために、基本として使用し、
Gコード・プログラムとしてCNC機械用に保 存することができます。
 DeskCNC uses a variety of Postprocessors to create these files, which are customizable to suit the end users requirements.
 DeskCNCは、これらのファ イルを作成するために様々なポストプロセッサーを使用し、
エンドユーザ必要条件に適する のにカスタマイズ可能です。
The file can then be used in the Control Mode to run the machine to create the model.
その後、ファイルをモデル作成の機械加工にコントロール・モードで使用します。
 Before this mode can be used however the user will need to set the machine parameters into DeskCNC.
しかしながら、このモードを使用する前に、 ユーザはDeskCNCへ加工機械のパラメーターをセットする必要があります。

Setting up DeskNC and DeskCNC
DeskNCとDeskCNCのセット・アッ プ

 This section will now take you through the steps necessary to set up your DeskNC or DeskCNC software so you can start using your machine.
 このセクションは、機械を使用す るための、DeskNCやDeskCNCソフトウェアをセット・アップするステップです。

Assuming you now have your controller hooked up to your computer you have to configure your software to control your machine.
今持っているコンピューターにコントローラー をつないで、機械をコントロールするソフトウェアです。
 The settings will change from machine to machine but the procedure is the same in all cases.
 セッティングは、機械によって変 わりますが、操作は同じです。
 Common settings for Sherline machines can be found in the displayed windows.
機械のための共通のセッティングは""に表示されます。

 If your machine is using anything other than 3 axes you will first need to open the Desk***.ini file which you will find in the same folder as the main program.
 機械が3つの軸以外に何かを使用 している場合、主要なプログラムと
同じフォルダーにある
DeskCNC.iniファイルを最初に開いて下さい。
Open this file in a text editor and scroll down to the [Tradj] label.
テキストエディターでのこのファイルを開い て、[Tradj]ラベルまでスクロールしてください。
 The first line after the label has "Axes = 3" , change this value to either 2 or 4 to describe your machine and save and close the file.
 ラベルの後の第1のラインは "Axes=3"です、機械の移動軸につい ての記述値を2〜4まで変更 し、かつファイルを保存し、閉じて下さい。
 You can now start DeskNC (DeskCNC) to continue the configuration
それから、DeskNC(DeskCNC)配置定義を継続します。

 To start the software configuration you will need to go to the Menu bar at the top of the screen and click on Settings/Machine Settings.
スクリーンの一番上のメニューバーに行き、" セッティング/機械セッティング"をクリックし  ソフトウェアセットアップをして下さい。

 Select the Machine's Name to edit an existing Machine or enter a new unique name to create a new Machine Setup.
 既存の機械を選択し編集するかあ るいは新しい機械名前セット・アップを作成してください。
 If the Machine Setup was previously created, the Machine's parameters will be filled in.
 もし機械セット・アップが以前に 作成さていれば、機械のパラメーターは書き入れられます。
 Select an existing Machine before making any changes to the Machine's parameters.
 機械のパラメーター変更を加える 前に既存の機械を選択してください。
 These setup options are used for the DeskCNC Controller and not required when no Controller is available.
 これらのセット・アップ・オプ ションはDeskCNCコントローラーのためで、
コントローラーがない場合、要求されません。


 In this window there are 4 Tabs, these are:
 このウィンドウでは、4つのタブ があります、これらは次のとおりです:

 * Machine Velocities Tab
 * 機械速度タブ
 *Axes Setup Tab
 * 軸セット・アップ・タブ
 *DeskCNC Setup Tab
 * DeskCNCセット・アップ・タブ
 * Tool Sensor/Probe
 * ツール・センサー/プローブ

 Before you can use DeskCNC you will need to configure it to work with your machine and computer.
 DeskCNCを使用する前に、 機械およびコンピューター配置定義を作成して下さい。
 The first part of this procedure is to define your machine to DeskCNC, to do this you will first need to click on the DeskCNC Setup Tab
 最初にこの手続きの第1の部分としてDeskCNCセット・アップ・タブをクリックしDeskCNCに接続する機械を定義して下さい。

DeskCNC Setup
DeskCNCセット・アップ



This page is used to define your machine workspace, the screen display, the connection to the controller and your base unit, metric or imperial.
機械動作範囲、スクリーン・ディスプレイ、コ ントローラーへの接続、およびメートルかインチの寸法ユニットを定義します。

 Machine Size
 機械サイズ
 Set the Machines useable table size.
 機械使用可能なテーブル・サイズ をセットしてください。
The displayed Grid will reflect this size.
表示されたグリッドはこのサイズを反映しま す。
 It is used for display purposes only and does not represent a soft stop.
 それはディスプレイ目的だけのた めに使用され、ソフト上の制限では有りません。

 Grid Size
 グリッド・サイズ
 Set the size of the Display Grid.
 ディスプレイ・グリッドのサイズ をセットしてください。

 Resolution
 分解能
 Set the Resolution of the OpenGL rendering.
 オープンGL描画の分解能をセットしてください。
 This value is in Pixels and determines the graininess of the rendering.
 この値はピクセルにあり、描画の粒子を決定します。
Smaller values have a better display at the expense of drawing speed.
小さな値は描画速度が遅いが高分解能表示をし ます。
 Adjust for a comfortable rendering display for your computers capabilities.
 あなたのコンピューター能力と ディスプレイに合わせて調節してください。

 Zero Plane
 ゼロ平面
 Set the Z Height of the OpenGL rendered images.
 オープンGLに与えられたイメー ジのZ高さをセットしてください。
This value denotes where 'cutting' begins.
この値は「切断」が始まるところを示します
 If you are using different CAM software and creating 'positive' toolpaths (A 'cut' above Z = 0), then set this value to the Z value where cutting begins.
 他のCAMソフトウェアを使用し ており、正のツールパス(Z=0以上の「cut」)を作成している場合は、
切断が始まるところで、Z価値にこの値をセットしてください。


 Jog Distances
 ジョグ送り距離
 Set the values that will be available in the Jog Box when jogging the Machine.
 機械のジョグ動作距離を設定して 下さい。
 To add a distance 1.25 for example, enter 1.25 and hit the Add button. To Delete a value, highlight it and click the Delete button.
 例えば距離1.25を加えるため には、1.25を入力して、Addボタンを押してください。値を削除するには、それをハイライトして、 Deleteボタンをクリックしてください。

 Speed Key Macro's
 速度のマクロ定義キー
 Set the values that will be available in the MDI Box when pressing the Function Keys.
 MDI?)のファンクション・キーを押す時の移動値をセットしてください。
 To add the G-Code G01 X1.2 Y3.4 for example, enter 'G01 X1.2 Y3.4' and hit the Add button.
 例えばG-コードG01 X1.2 Y3.4を加えるためには、「G01 X1.2 Y3.4」を入力して、Addボタンを押してください。
 To Delete a value, highlight it and click the Delete button.
 値を削除するには、それをハイライトして、Deleteボタンをクリックしてください。
 These G-Code commands are then entered automatically (in the MDI Box) when a function key (F1 etc.) is pressed.
 その後、ファンクション・キー (F1など)が押される場合、これらのG-コードコマンドは、自動的に(MDIの中で)入力されます。

 Com Port
 通信ポート
 Enter the Port that is connected to the DeskCNC Controller.
 DeskCNCコントローラーに 接続されるポートを入力してください。

 Decimal Separator
 小数点表示文字(セパレーター)
 Enter the separator used in your Country to separate numbers from fractions.
 小数点はあなたの国で使用される セパレーターを入力してください。
 In the US use a decimal point (1234.567).
 米国では小数点 (1234.567)を使用します。
 In some European Countries, use the comma (1234,567).
 いくつかのヨーロッパ諸国では、 コンマ(1234,567)を使用してください。

 Highlight G-Code
 ハイライトG-コード
 Highlights each line of G-Code as it is being interpreted.
 それが解釈されているとともに、 G-コードの各ラインをハイライトします。
 Due to the look ahead features of DeskCNC, this G-Code line will almost always be well ahead of the actual line of g-code being processed by the controller.
DeskCNCでは、表示されるG-コードラ インは、コントローラーによって処理されている、実際のG-コードラ インより進んでます。
 Highlighting G-Code requires a bit of computing power and is recommended only for strong computer systems.
 G-コードのハイライトは計算力を必要とし、効能力コンピューター・システムにのみ推薦され ます。

 Units
 寸方表示の単位 (ミリ、インチ
 Enter the default start up units for your Machine.
 あなたの機械のために単位にデ フォルト・スタートを入力してください。
 This can be overridden by using the G20, G21 functions.
 これはG20、G21機能の使用 により変更することができます。

 Next you need to define the machine, its axis setup and resolution, this can be done under
 次に、機械に下記の通りその軸セット・アップおよび分解能を定義する必要があります。
 the Axis Setup tab.
 移動方向軸セット・アップ・タ ブ。

 Machine Axes Setup

  主軸セット・アップ


 Home Position
 ホ−ム位置
 If your machine is fitted with home switches you can set their Position (in Absolute user units).
 あなたの機械にホ−ムスイッチが 取り付けるとゼロ位置(絶対的な寸法)をセットすることができます。
 After a Homing operation, the Co-ordinate's of the Axis is set to this position.
 ホーミング・オペレーションの後 に、方向軸はこの位置に セットされます。

 Home Offset
 ホ−ムオフセット
 Set the Home Offset Position (in Absolute user units) while performing a Homing Operation.
 ホーミング・オペレーションを実 行する間にホ−ムオフセット位 置(絶対的な寸法)をセットして下さい
After a Homing operation, the Machine will move to this position.
ホーミング・オペレーションで機械はこの位置 へ移動します。
 By setting the Home Position to a negative value, the origin of the Machine can be set a short distance away from the switch.
 マイナスの値にホ−ム位置をセットすることによって、機械のオリジンはスイッチから短距離(+or−?)のセットすることが できます。
 For example: A X Home Position of -0.25" and a Home Offset of 0.0 will set the Machines X Axis Zero Position 0.25" away from the X Axis Home Switch.
 例えば:-0.25の X ホ−ム位置および 0.0のホ−ムオフセットは、X軸ホ−ムスイッチから機械X軸0位置を0.25遠方にするでしょう。

 Steps per MM
 ミリメーター当たりステップ
 Set the number of steps (or encoder pulses if servomotors) to move 1 mm for each axis.
 各軸のために1mm移動するス テップ(サーボモーターの場 合エンコーダパルス)の数をセットして下さ い
 For Example: 8000 Steps per inch of movement = 8000 / 25.4 = 314.960662992 Steps per MM.
 例えば:移動=8000パルス/ インチ は8000パルス/25.4ミリ=314.960662992ミリで、設定は314.960662992パルス/ミリメーターになる。
 If you are not sure of this resolution try setting it to an approximate value and move the axis a fixed distance according to the display.
 もし不正確な分解能でセットする 場合、近似値の表示距離を設定し、
 Measure the actual distance moved and calculate the resolution by [aprox. Resolution * (distance moved/measured distance)]
 実際の移動距離を測定して分解能を計算して下さい。[分解能*(設定距離/測定距離)]
Max Velocity (SPS)
最高速度(SPS)
 Set the Maximum Velocity of each axis in Steps per Second, this value is used for moves with the G0 command.
 ステップ/毎秒で各軸の最高速度をセットして、G0コマンドで使用されます。
 If you are unsure of this value try setting it to an arbitrary value and execute a G0 move, if it stalls then the value is too high, reduce it and try again.
 もし値を確信出来なく試みに任意値にセットする場合、
G0の動きを実行して
早すぎるたら、それを遅くして、再試行して下さい。
Be sure to set the acceleration first.
加速値を必ず 最初にセットしてください。

 Backlash
 遊び
 Enter the amount of Backlash for each axis.
 各軸に遊びの量を登録してくださ い。

 Backlash Compensation in software can never approach the quality of a tight machine.
 ソフトウェアの遊び補償は、遊び の少ないな機械の精度には到達しません。
 It is recommended to install anti backlash screws in the Machine rather than rely on Backlash Compensation in Software.
 ソフトウェアの遊び補償に依存す るのではなく機械に遊び無しネジを使うのを推奨します。

 Reverse Homing Direction
 逆のホーミング方向
 Check this box if the Machine moves in the wrong direction to seek an axis' Home Switch.
 機械が軸のホームスイッチを求め て間違っている方向に動きだす場合は、この箱をチェックしてください。

 Machine Velocities Setup
 機械速度の設定


 Setting up your Machine Velocities
 機械速度を設定して下さい。
 DeskCNC utilizes a linear acceleration profile throughout its 40 - 40,000 SPS range.
 DeskCNCは、 40〜40,000のSPSの範囲で線形の加速(直曲線)プロフィールを使用します。
 To help set the velocity and acceleration parameters, a graph of the acceleration profile is made available.
 速度と加速のパラメーターをセッ トするために、加速プロフィールのグラフ使 用ができます。

 Parameters for viewing the acceleration profile
 加速プロフィールを見るためのパ ラメーター
 * Start Velocity - Enter the instantaneous start velocity.
 * 始動速度 - 瞬間にスタート出来る速度を入力してください。
 This is the velocity the motors can instantly start at without the need for acceleration.
 これはモータが加速の必要とせ ず、即座にスタートすることができる速度です。
 * Max SPS - Enter the Max Steps per Second of the Machines Motors.
 * 最高速度SPS-機械モータの最高毎秒/ステップです。
 * Acceleration - Keep increasing the Acceleration value until the acceleration graph goes from the bottom left to the top right corner of the graph.
 * 加速-加速グラフが、左下からグラフの右上コーナーへ行くまで、加速価値を増加させ続けます。
The profile should end with a plateau (a small section that is flat).
そのプロフィールは小さな水平区間で終わって 下さい。
 It is OK to have high acceleration values that increase the plateau's length but you should never use a low acceleration value that produces a spike at the end of the graph.
 加速価値が高く成って水平が長ても、も問 題ありません。
しかし、グラフの終わりには、スパイクがでる低い加速価値を使用しないで下さい。
(グラフを下げるとスパイクが出ます?)
 At the bottom right of the graph will be the time in seconds to accelerate to full velocity as specified by the Max SPS.
 グラフの右下表示は、最高速度のSPSによって指定される最高到達速度に必要な加速秒数です。
 Note that at high Max SPS values, the acceleration
 注、最高速度SPSの高加速
 value will be very large. This is normal.
 値は非常に大きくなりますが、こ れは正常です。
 The acceleration will later be scaled to slow it down if necessary.
 その加速は必要ならばそれを遅く するため調整して下さい。
 See Acceleration Scale below.
 下記の加速値を参照してくださ い。
 * Acceleration Scale - This is a scale factor that will reduce the acceleration most notably in high SPS ranges.
 * 加速値-これは加速を最高速範囲の中で最適、最早にするためです。
 Entering a Acceleration Scale greater than 1 will decrease the acceleration.
 1 以上の加速を入力すると加速を減少させるでしょう。
 The Time value in the bottom right corner of the graph will increase as the Accel Scale is increased.
 加速値を大きくすると、グラフの右下隅の値(加速秒数は増加します。
 This is the time the controller will spend ramping up or down from the Instant Start Velocity to the Max SPS.
 これはコントローラーがスタートから最高速までのSPS 速度上昇、あるいはその速度から下降する時間です。

 Homing
 ホーミング
 Set the velocity for all Homing functions in Steps per Second.
 毎秒ステップですべてのホーミン グ機能のために速度をセットしてください。

 Fast, Medium, and Slow Jog Velocities
 早い、中ぐらい、そして遅いジョ グ速度
 Set the velocities for Continuous Jogging.
 連続的なジョギングのために速度 をセットしてください。
 Values are in Units per Minute.
 値は毎分単位です。

 Contouring
 輪郭をとること切削移動速度
 Turns Continuous Motion Contouring (CMC) On/Off and sets the threshold.
 (連続切削移動速度)(CMC)連続的回転運動、しきい値をオン/オフに設定します
 When Contouring = 0, CMC is off and all moves will decelerate to the Machine's Start Velocity.
 0の場合、CMCはオフで、動き はすべて機械のスタート速度に減速します。
 When Contouring = 1, CMC is set to Automatic. In Automatic CMC, each move will decelerate only the amount necessary to make a smooth transition into the next move.
 1の場合、CMCはオンで自動に 設定されます。
自動CMCでは、各動きが滑らかな
動きになるように減速させます。
 If Contouring is set to a value greater than 1, CMC is turned on with a threshold equal to this value.
  (切削移動速度) 輪郭を1以上に設定すると、CMCはこの値で判定されま す。
In this mode, if any axis has a change in Steps per Second that is greater than this value it will decelerate to the Start Velocity.
このモードにおいて、軸が、この値より大きな 1秒/ステップに成ると、それはスタート速度に減速します。
 If all axis' have a change in velocity that is less than this value, then no deceleration takes place.
 すべての軸がこの値未満の速度で変化する場合、減速は起こりません。

 Invert Step Pulse
 ステップ・パルスを逆にします
 If you are running Firmware Version 1.34 or later, the step pulse can be changed from a High to Low pulse to a Low to High pulse.
 (コントロールボード)がファームウェア・バージョン1.34あるいは以降の場合、
ステップ・パルスは立ち下がりパルスから立ち上がりパルスに変更することができます。

 Tool Library Setup
 ツール・ライブラリー・セット・ アップ


 The tool library holds the definitions of the tools and is used to quickly enter tooling information when creating toolpaths.
 ツールライブラリーは、ツールの定義を保持し、ツールパスを作成する場合に、クイックに 情報を入力するために使用されます。
 It is also used (required) by the rendering engine to display the finished part as a 3D solid using OpenGL technology .
 さらに、オープンGL技術を使用 して、3D固体として完成した部分を表示するために、
それは与えるエンジンによって使用されます(要求された)。

 Number
 数
 The Number entry is the tool number called by the Txx code.
 番号エントリーはTxxコードに よって呼ばれたツール番号です。

 Length
 長さ
 The Length parameter is the Tool Length Offset.
 長さパラメーターはツール長さオ フセットです。

 Diameter
 直径
 The Diameter is the Tool Diameter.
 直径はツール直径です。

 Type
 タイプ
 The Tool Style (End, Ball, or Vee) is used to properly render a 3D Solid of the finished part.
 ツール・スタイル(直、球、V) は3Dソリッドの部分を仕上げるために使用されます。
 Ang/Rad
 Ang/rad
 For Vee cutters, enter the included Vee angle as the 'Ang/Rad' parameter.
 V、カッターについては、 「Ang/rad」パラメーターとして刃物のVの角度を入力してください。

 All other cutters do not require an 'Ang/Rad' parameter.
 他のすべてのカッターは 「Ang/rad」パラメーターを要求しません。

 Comment
 コメント
 Enter the name of the tool along with any additional info to help you choose the proper cutter.
 適切なカッターを選ぶためにコメ ント情報と共にツールの名前を入力してください。

 Add Tool
 ツールを加えます
 Click this button and fill in the tools parameters.
 このボタンをクリックしおよびツール・パラメーターを入力してください。
 For tool Type, use End, Ball, or Vee only.
 ツール・タイプについては、直、球、Vのみを使用してください。
 These must be spelled exactly.
 これらは正確に記入して下さい。

 Delete Tool
 ツールを削除します
 Highlight a tool and click the Delete button to remove a tool from the Tool Library.
 ツールライブラリーからツールを取り除くには、ツールをハイライトして、Deleteボタンをクリックしてくださ い。

Post Processor Setup

  ポスト・プロセッサー・セット・アップ 

 DeskCNC utilizes a programmable Post Processor that can output many machine languages.
 DeskCNCは、多くの機械語 を出力することができる、プログラム可能なポスト・プロセッサを利用します。
 Many of these can be read back in by the editor for viewing of the toolpaths.
 エディターは、これらのうちの多 数をツールパスを見るために中へ読み込むことができます。
 The post 'DeskCNC' is a standard G-Code Post Processor that the program DeskCNC can read and interpret.
 ポスト「DeskCNC」はプロ グラムDeskCNCが読み、解釈することができる、標準のG-コードポスト・プロセッサです。

 Name
 名前
 The name for this Post Processor.
 ポスト・プロセッサの名前。
 It should be a unique easily identifiable name.
 それ簡単に特定可能な名前にして 下さい。

 File Extension
 ファイル拡張子
 The file extension for the saved files.
 ファイル用の保存用ファイル拡張子。

 Comment Characters
 コメント文字
 DeskCNC inserts comments at the beginning of the file to denote time of creation, tool diameter and number, and the name of the Post Processor.
 DeskCNCは、ファイルの初めにツール直径、数、作成時間を表示するコメントおよびポスト・プロセッ サの名前を挿入します。
 Enter the character that begins a comment for this machine.
 この機械のためのコメントの文字 を入力してください。

 Tokens
 記号
 Commands are broken down into 'Tokens'.
 記号によって指令されます。
 A Token consists of an Address Label and a Value. The Token 'X2.5' begins with the Address of 'X' (in this case representing the X axis) and its value of 2.5.
 記号はアドレス・ラベルおよび値から成ります。記号('X2.5')は、「X」(この場合Xの軸を表わし て)のアドレスおよび2.5のその値から始まります。
 Tokens can begin with a space to make the output file more readable.
 記号スペースから始ま り、出力ファイルで判読します。
 All Tokens must be created before they can be used.
 記号はコマンドの使用をする前に作成します。
(を使用することができる前に、記号がすべて作成されるに違いありません。)

 To create a Token, select the Token you wish to create from the Tokens group and a variable.
 記号グループと変数から選んで、記 号を作成します。
(記号を作成するために、あなたが記号から作成したい記号を選択する、グループ化する、また変数。)


 Available Tokens are:
 利用可能な記号次のとおりです:
 Xt for the X Position
 Xの位置用のXt
 Yt for the Y Position
 Y位置用のYt
 Zt for the Z Position
 Z位置用のZt
 It for the Arc Center X Position
 それ、弧センターXの位置
 Jt for the Arc Center Y Position
 弧センターY位置用のJt
 Rt for the Radius
 半径のためのRt
 Nt for the Line Number
 ライン番号用のNt
 Ft for the Feedrate
 送り値のためのFt
 St for the Spindle Speed
 主軸速度用のSt
 Tt for Tool Change
 ツール変更用のTt
 Ct for tool clearance
 ツール・クリアランス用のCt
 Misct for any miscellaneous commands
 任意の様々なコマンド用の Misct
Available variables are:
 利用可能な変数は次のとおりで す:
 None
 無し
 Sx for the Start Point X of a toolpath
 ツールパスのスタート・ポイント XのSx
 Sy for the Start Point Y of a toolpath
 ツールパスのスタート・ポイントYのSy
 Sz for the Start Point Z of a toolpath
 ツールパスのスタート・ポイントZのSz
 Ex for the End Point X of a toolpath
 ツールパスの終点XのEx
 Ey for the End Point Y of a toolpath
 ツールパスの終点YのEy
 Ez for the End Point Z of a toolpath
 ツールパスの終点ZのEz
 Sa for the Start Angle of an Arc
 弧のスタート角度用のSa
 Ea for the End Angle of an Arc
 弧の終了角度用のEa
 Rad for the Radius of an Arc
 弧の半径用のrad
 Cx for the Center X of an Arc
 弧のセンターXのCx
 Cy for the Center Y of an Arc
 弧のセンターYのCy
 Ix for the Incremental Center X of an Arc
 弧のインクリメントセンターXの Ix
 Jx for the Incremental Center Y of an Arc
 弧のインクリメントセンターYの Jx
Cv for the Clearance Value
クリアランス価値用のCv
 Nv for the Line Number Value
 ライン数価値用のNv
 St for the Spindle Speed
 軸速度用のSt
 Tn for the Tool Number
 ツール番号用のTn
 Enter the number of decimal places for this Token and whether it needs a '+' to denote positive numbers and press the Create button.
 この記号に小数点の数を入力して 下さい、正の数の場合は+を付けて作成して下さい。
 An example of the newly created Token will be displayed at the bottom.
 新しく作成された記号の例は下に 表示されます。

 Movement Script
 移動書式
 This is the script that defines how a command line will be formatted in the output file.
 これはコマンドラインが出力ファ イルにどのように記入されるかの書式 定義です。
 It consists of adding a Command along with the previously defined Tokens.
 既に定義されたコマンドの記号を記入して下さい。
 The typical G-Code line N100 G01 X2.5 Y3.6 Z 4.7 consists of a 'Line Number Token', Command 'G01', 'X Position Token', 'Y Position Token', and 'Z Position Token'.
 典型的なG-コードライン、 N100 G01 X2.5 Y3.6 Z、4.7は
ラインナンバー記号,"N"’,""_コマンド,"G01" _X記号"X", ""_Y 記号"Y",”数"」および「_Z 記号"Z",”数"」から成ります。
 Movement Scripts can be either a single command line or a block of continuous commands as set by the 'Single Move' or 'Continuous' selection.
 移動書式はコマンドラインあるいは動作、連続的なコマンドあるいは連続的な選択のブロックのいずれかです。
 A Modal Token will only be written to the output file if it is different from its previous value.
以前の値とちがうと、様式の記号だけが出力 ファイル書かれます。
 Movement Script Example:
 移動書式例:
 Select 'Linear'.
 「線形の」を選択してください。
 Select 'Single Move'.
 「単一の動き」を選択してくださ い。
 Enter 'G01' in the Command box.
 コマンド箱に「G01」を入力し てください。
 Select the 'Nt' Token and press the Add button.
 「Nt」記号を選択して、Add ボタンを押してください。
 Press the Add Command button
 Addコマンド・ボタンを押しま す。
 Select the 'Xt' Token and press the Add button.
 「Xt」記号を選択して、Add ボタンを押してください。
 Select the 'Yt' Token and press the Add button.
 「Yt」記号を選択して、Add ボタンを押してください。
 Select the 'Zt' Token and press the Add button.
 「Zt」記号を選択して、Add ボタンを押してください。
 Select 'Ft' and press the Add Modal button.
 「Ft」を選択して、Addの様 式のボタンを押してください。
 As each button is pressed, an example of the formatted line is displayed at the bottom.
 各ボタンが押されるとともに、 フォーマットされたラインの例は下に表示されます。
 The feedrate Token (Ft) is displayed in brackets to show that it will only be written if it differs from a previous value.
 それが前の値と異なる場合は単独 に書くことを示すために、送り速度記号(Ft)はブラケットに表示されます。

Header / Footer
開始記号/終了記号
 Here you can add any miscellaneous start up or end commands that will be written to the output file. you can also add your own comments.
 開始、あるいは終了を出力ファイ ルに書ことができます。さらに、コメントを加えることができます。

 Save
 保存
 Saves the Post Processor definition to a file so it can be used when saving toolpaths.
 作業手順ツールパスを保存するに は再使用するため、ファイルにポスト・プロセッサ定義を保存します。

 Delete
 削除
 Deletes the Post Processor selected under 'Name'.
下で選択された  「名前」のポスト・プロセッサを削除します。
 You will be prompted for confirm.
さらに、確認します。

 Edit
 編集
 Loads a previously created Post Processor for editing.
 編集のため以前のポスト・プロ セッサをロードします。

 DeskCNC Options

 DeskCNC オプション 

 Here you can change the Options and Preferences in DeskCNC.
 ここに、DeskCNCの中のオ プションおよび優先権を変更することができます。

 Tolerances Tab
 許容 タブ


 Min Arc Length
 最低弧長さ
 Enter the minimum length of an Arc segment.
 弧セグメントの最小の長さを入力 してください。
 Arcs less than this length will be converted to line segments.
 この長さ未満の弧は線分に変換さ れます。
 The length of an Arc should be less than the length of a few 'steps' as defined by your CNC machine.
 弧の長さはCNC機械による定義 上の数「ステップ」以下です。

 Min Arc Radius
 最低弧半径
 Enter the minimum radius of an Arc segment.
 弧セグメントの最小の半径を入力 してください。
 Arcs less with a radius less than this value will be converted to line segments.
 この値未満の半径でより少ない弧 は線分に変換されます。

 Tangential Deviation
 接線偏差
 Enter the minimum deviance that adjoining linear segments can have.
 隣接した線形のセグメントが持つ ことができる最小のズレを入力してください。
 Linear segments that are less than this value are joined into one linear segment.
 この値未満である線形のセグメン トは1つの線形のセグメントへ連結されます。
 This value can reduce the size of the Machine Code file.
 この値は、機械コードファイルの サイズを縮小することができます。
 Editor Tab
 編集タブ

 Color
 色彩
 Enter the color of the Command, Address, or Comment that is displayed in the Edit Box when Show Syntax is enabled.
 文列表示が可能な場合、編集箱に表示されるコマンド、アドレスあるいはコメントの色を入力してください。
 Show Syntax allows easier reading of the Machine Code file by 'Highlighting' key words based on the currently loaded Post Processor.
 文列表示は、現在ロードしたポス ト・プロセッサに基づいたキーワードをハイライトして容易に(機械コードファイル位置を)読めます。
 Style
 スタイル
 Misc Tab
 その他諸々タブ

 Default Direction of Closed Regions
 デフォルトの領域、回転方向
 The orientation (Clockwise or counterclockwise) that all closed regions will be set to when a DXF File is loaded.
 接近方向(右回りにあるいは左回 りに)はDXFファイルがロードされる時にセットされるでしょう。
 Toolpaths will be calculated from this direction.
 この方向からツールパス作業手順は計算されます。
 If you change this setting, you should reload your DXF file for the changes to take place.
 このセッティングを変更したとき はDXFファイルを再ロードして下さい。

 Mark Direction of Regions
 領域の方向 マーク
 Set to Mark First Entity Only if you want just the first entity in a region to have an arrow displayed at its midpoint.
 最初に決めた領域の中間点にマー クを表示する場合、最初のマークを設定して下さい。
Set to Mark All Entities if you want all the entities to have an arrow displayed at its midpoint. Less screen clutter is present under 'First Entity Only'.
全部の領域の中間点にマークを表示する場合、全部の領域にマークを設定して下さい。
最初領域でのみ、混乱無く表示します。
 Only available if Show Directions is checked in the View menu.
視界メニューのがチェックされる場合、方向が 表示されます。

 When Machining Tops of Islands at Multiple Depths
 種々の深さの島の上部を機械加工 する場合
 Check this box if you want each island to have its contour traced when machining its top.
 その上部機械加工するときに、各 島がその輪郭をトレースする場合は、この箱をチェックしてください。
 By default, the tops of islands are machined with the current tools offset equal to half its diameter.
 デフォルトによって、島のトップ は、その直径の半分と等しい現在のツール・オフセットで機械加工します。
 By selecting this option, the entire top of each island will be machined.
 このオプションの選択によって、 各島の上部は機械加工されます。

 Tip
 助言
 If your islands are always separated by any other region by at least 1/2 the current tools diameter, then you can safely trace the contour of each island.
島が少なくとも、現在のツール直径の1/2まで他のから離れると、安全に各島の輪郭をトレースすること ができます。
 If an island is nearer to a boundary than 1/2 its diameter, then tracing the islands contour will gouge the boundary where it is less than 1/2 the diameter apart.
 島の距離がツール直径の1/2より近い場合、島輪郭のトレースは、それが1/2未満である境界を丸く削ります。
Tip
助言
 With Mark First Entity Only, you can easily determine the first segment of a region or toolpath.
 マーク第1の実体のみで、容易に 領域かツールパスの第1のセグメントを決定することができます。

 Show Boundaries when Redrawing Toolpaths
 ツールパスを描き直す場合、境界を表示します。
 If View Toolpaths is selected in the View menu, you have the choice of viewing just the toolpath segments or the toolpath segments and the selected regions (If the selection hasn't changed then the selected regions represent the original boundaries and islands and contours).
 視界ツールパスが視界メニューの中で選択されている場合、単なるツールパスセグメントあるいはツールパスセグメントを見る選択権、
および選択された領域
を持っています。
(選択が変化していなければ、選択された領域はオリジナルの境界および島および輪郭を表わします)


 Pocket Milling Tool Overlap
 ポケットをミルにかけるツール、 オーバーラップする
 When in the Pocket Window, the X-Y Step Size will automatically be calculated as this percent of the tool diameter.
 ポケット・ウィンドウ中にいる場 合、X-Yステップ・サイズはツール直径のこのパーセントとして自動的に計算さます。

It can always be overridden.
それは無視することができます。

 Post Processor
 ポスト・プロセッサー
 Select the default Post Processor that is loaded when DeskCNC is started.
 DeskCNCが始めには、ロー ドするデフォルト・ポスト・プロセッサを選択してください。
 Machine code files will then be save according the definitions associated with this Post Processor.
 機械コードファイルはこのポス ト・プロセッサに関連した定義を与える保存になります。
Text Tab
テキスト・タブ

 Font
 フォント
 Select a default True Type Font.
 デフォルトは、Trueタイプ・フォントです。
 All text references in the DXF file will be converted to vectors while loading.
 DXFファイル中の全テキスト参 照はベクトルに変換されるでしょう。

 Precision
 精度
 Each curve in a True Type Font glyph will be converted to a series of line segments.
 真実のタイプ・フォント縦溝中の 各カーブは一連の線分に変換されるでしょう。
 The number of line segments per curve is set in the 'Precision' parameter.
 1本のカーブ当たり線分の数は「精 度」パラメーターの中でセットされます。
 STL Tab
 STLタブ

 STL Depth
 STL深さ
 The depth at which to set the top of the STL geometry on load.
 STL形状上のトップをセットす る深さ。
 All geometry will be translated in the Z direction so that the Maximum Z value of the geometry is located at this depth.
 最大のZ値がこの深さに位置する ように、すべて形状がZ方角で変換されます。

 The Blank's Z2 value will be set to this depth.
 材料のZ2値はこの深さにセット さます。

 X and Y Step as percentage of cutter diameter
 カッター直径のパーセンテージと してのXおよびYステップ
 The X and Y step size will be automatically set to a percentage of the cutter diameter when entering the cutter diameter in the machining parameters.
 カッター直径をパラメーターに入力すると、XおよびYステップ・サイズは、カッター直径の割合に自動的にセッ トされます。
 Digitize Tab
 デジタイズ(プローブ)タブ

 Tip Diameter
 先端直径
 If you are using a digitizing probe (5 way switch) you can enter here the diameter of the tip of the probe.
 デジタイズプローブ(5個の方向スイッチ)を使用していれば、プローブの先端の直径をここで入力します。
 DeskCNC will use this as an offset to calculate the actual surface of the digitized object.
 DeskCNCはデジタル化オブジェクトの実際の表面にオフセットとしてこれを使用して計算します。




オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.