Machine Mode
機械モード

The G-Code Editor and Display
G-コードエディターとディスプレイ


Overview
概観

The G-Code editor is capable of interpreting and plotting over 50,000 lines per second in 3D on a P600 Mhz computer system.
G-コードエディターは、ペンティアム600 Mhz、コンピューター・システムで立体を毎秒50,000行以上を解釈し処理できます。
It has optional syntax highlighting for displaying the g-code file.
g-コードファイルのハイライト表示にオプションの構文を持っています*?*
It can display the entire g-code file or step through portions of the file in 3D using different colors to represent the different types of interpolation (rapid, linear, CW, and CCW).
入力したGコードファイルやステップファイルを(回避、直線、右回り、左回り)のタ イプにそれぞれの色で表示します。 
The finished part can be displayed as a rendered solid if your system supports OpenGL.
完成した部分はオープンGLシステムで、立体像として表示します。

Mouse Movements
マウス操作
* Panning - While holding down the Shift button, click and drag the left mouse button to dynamically pan the currently loaded file.
* 移動-シフトキーを押しながら、左マウスボタンのボタンをクリックしドラッグすると、現 在ロードしたファイルは移動します。
'Autoredraw' must be set to 1
「自動再描画」を1に設定すると。
in Options for the file to automatically be redrawn.
このオプションは、自動再描画です。
When g-code geometry is moved, the extents of the display will change accordingly.
G-コード構造が移動し、表示範囲も追従しま す。

* Zooming - While holding down the Control button, click and drag the left mouse button to dynamically zoom the currently loaded file.
* 表示拡大縮小-コントロールキーを押しながら、左マウスボタンをクリックし、ドラッグすると 現在ロードしたファイル拡大/縮小します
'Autoredraw' must be set to 1 in Options for the file to automatically be redrawn.
自動再描画」は1に設定すると、ファイルを自動的に描画するオプションです。
When g-code geometry is zoomed, the extents of the display will change accordingly.
G-コード構造が拡大/縮小すると、表示範囲も追従します
* Rotating in 3D - If the 3D Isometric view is selected under the View menu then dragging the displayed geometry with the left mouse button will dynamically rotate the interpreted g-code file.
* 立体像の回転-視界メニュー等角立体視界が選択されていて、G- コードファイル表示画像を左のマウスボタン でドラッグすると回転します。
'Autoredraw' must be set to 1 in Options for the file to automatically be redrawn.
自動再描画1に設定すると、ファ イルを自動的に描画するオプションです
Otherwise, just the machine extents and the display grid will rotate initially.
そうでないと、機械範囲とディスプレイ・グ リッドは元に回転します。
Clicking on one of the run buttons will update the display.
実行ボタンをクリックすると表示を更新しま す。


The Display Views under the View Menu
視界メニューの表示視界

* Rendered - Sets the display mode to 3D OpenGl rendered solid part mode.
* 描画 - 3D OpenGlの立体像モードにディスプレイ・モードをセットします。
In this mode, the part is seen machined on screen as a 3D solid.
このモードにすると、その部分は、3D立体像としてスクリーン上で加工状態を見られます。
Only available on systems that support OpenGL.
オープンGLが支援されるシステムで利用可能 です。
This mode supports 'Gouge Checking'.
このモードは、「丸のみ・チェック」を支援します。
Any move that gouges the finished part will be highlighted in bright yellow.
完成した部分を丸のみで彫る動きは明るい黄色 でハイライト表示されます。
It is necessary to define each tool used in the Tool Library.
ツールライブラリーに各ツールを定義する必要 が有ります。
If the tool is undefined a default .25" end mill is used.
ツールの定義をしていないと、デフォルト. 25"のエンドミル(直)が使用されます。
It is not recommended to leave DeskCNC in this mode while machining a part (use wireframe mode).
DeskCNCが一部分を加工するモード(線描モードで)は推奨されません。
* Wireframe - Sets the display mode to the default wireframe mode.
* 線描立体-デフォルト線描モードに表示・ モードを設定して下さい。
This mode shows the toolpaths as single wires.
このモードは単一のワイヤーとしてツールパス を示します。
* Isometric 3D - Sets the display mode to 3D.
* 3D等角立体-表示・モードを3Dに設定します。
When in 3D mode, the geometry can be rotated in 3D by dragging the left mouse button.
3Dモード、像を左マウスボタンでドラッグす ると立体表示を回転できます。
Not available in Rendered mode.
描画モードでは使えません。
* Top - 2D viewing mode looking down the Z axis.
* トップ-2Dを見るモード、Z軸から見下ろす
* Front - 2D viewing mode looking down the Y axis.
* 正面-2Dを見るモード、Y軸から見る
Not available in rendered mode.
描画モードでは使えません
* Zoom Window - Click and drag a box around the geometry to zoom in on specific geometry.
*拡大/縮小 ウィンドウ - 窓の中の像をクリックしてドラッグすると拡大/縮小します。
Works in 2D and 3D mode but not in Rendered mode.
2Dおよび3Dモードで動作、しかし描画モードでは使えません
* Clear Screen - Clears the display screen.
* スクリーンの整理-ディスプレイ・スクリーンを整理します。

The Editor Buttons
エディター・ボタン

* Clear - Clears the display area.
* 整理 - ディスプレイ・スクリーンを整理します
* Next - Interprets and displays the next line of g-code in the loaded g-code file.
* 次―ロードしたG-コードファイルの次のラインのG-コードを解釈し表示します。
* Next 10 - Interprets and displays the next 10 lines of g-code in the loaded g-code file.
* 次の10-ロードしたG-コードファイルの次の10ラインのG-コードを解釈し表示します
* Next 100 - Interprets and displays the next 100 lines of g-code in the loaded g-code file.
* 次の100-ロードしたG-コードファイルの次の100ラインのG-コードを解釈し表示します
* Next 1000 - Interprets and displays the next 1000 lines of g-code in the loaded g-code file.
* 次の1000-ロードしたG-コードファイ ルの次の1000ラインのG-コードを解釈し表示します
* To Cursor - Interprets and displays up to the position of the cursor in the loaded g-code file.
* カーソルまで-ロードしたG-コードファイ ルをカーソルまでのG-コードを解釈し表示します
* From cursor - Interprets and displays from the current cursor position to the end of the loaded g-code file.
* カーソルから-現在のカーソル位置からロー ドしたG-コードファイルの最後までのG-コードを解釈し表示します
* All - Interprets and displays the entire loaded g-code file.
* すべて-ロードしたG-コードファイルすべてを解釈し表示します
* Reset - Resets to the beginning of the loaded g-code file.
* リセット-ロードしたg-コードファイルの始めへ復帰。

The Coordinate Display
修正表示
While in edit mode, the coordinate display will change to the last point plotted on the display.
編集モードでは、修正表示は、最終点表示に変 わります。
To reset any or all coordinates, click on the appropriate x, y, z, all buttons in the coordinate display area.
修正表示範囲の適切なx、y、z、等のボタン復元するしてください。
When in Machine Mode, the displayed coordinates represent the absolute position of the controller board.
機械モードでは、修正表示された座標はコント ローラー・ボードの絶対位置です。
Under extreme use, the coordinate display may not update in real time.
極端な使用では、修正表示がリアル・タイムに 更新しません。

The G-Code edit area
G-コード編集範囲

Here you can edit the actual g-code as loaded from a file.
ファイルからロードした実際のG-コードを編 集することができます。
Several commands are available by right clicking anywhere inside this edit box and selecting from the pop-up menu.
それぞれのコマンドは、編集窓内のどこかを右 クリックしポップ・アップメニューから選択して下さい。
* Undo - Undoes the last edit.
* 取消し - 最後の編集を取消します。
* Font - Brings up a dialog window to select the Font and Font Size used in the editor.
* フォント-エディターの中で使用されるフォントおよびフォント・サイズを選択する対話ウィンドウを表示します。
* Search - Brings up a dialog window to search and replace text in the editor.
* 検索-エディターの中のテキストを検索/置換、対話ウィンドウを表示します。
* Select All - Selects the entire file for cut and paste operations into other programs.
* すべての選択 - 他のプログラムへ切り取り、貼り付けの操作にファイル部を選びます。
* Renumber - Brings up a dialog window to Add/Remove or Renumber the g-code file.
* 番号の付け替え - G-コードファイル を加える/移動する/付け替えするのに対話ウィンドウを表示します
Add will add block line numbering starting at the value in Start At and incrementing by the value in Increment.
追加、開始から順に続く番号の途中に構成番号行を書き込み、番号の付け替えをします。
Remove will remove line numbering while Renumber will renumber existing line numbering by the Start and Increment values.
削除、開始から順に続く番号の途中番号行削除し、番号の付け替えをします
An option is available to add a space after the line number.
オプションは行番号の後にスペースを加えます。
The line number takes the form of N<number>.
構成行番号は、N<番号>の形式 です。
* Show Syntax - When selected, Show Syntax will highlight portions of the loaded g-code to make it easier to read.
* 構文表示 - 選択すると、ロードしたG-コードの構文部分をハイライト表示し読むことを容易にします。
G and M codes along with other commands are set in bold colorful text to make them stand out better.
他のコマンドと共にGとMのコードは、見やす いように多色多彩でテキスト表示されます。
Turning Show Syntax off will display the file in standard black and white text fashion.
構文表示をやめるとファイルは標準の白地黒文字で表示されます。
* Save - Brings up a dialog box to save the currently loaded g-code file.
* 保存してください - 現在ロードしたg-コードファイルを保存するようにダイアログ・ボックスを表に出します。

Menu Items
メニュー品目

Home
原点復帰
The Homing functions will take place at the Homing Velocity and Homing direction as specified in the Options.
ホーミング機能は、オプションで指定するホーミング速度およびホーミング方向に成ります。

* Home X - Homes the X axis only.
* X軸原点復帰 -X軸のみ原点復帰
? Home Y - Homes the Y axis only.
軸原点復帰-Y軸のみ原点復帰
* Home Z - Homes the Z axis only.
* 原点復帰 Z-軸のみ原点復帰
? Home All - Homes All axis at once.
軸原点復帰-家、軸の原点復帰

Controller
コントローラー

* Start From Line - Enter the absolute line number of the loaded G-Code file to start from when running the file.
* 行番始動 - ファイルの加工を実行するには、ロードしたG-コードファイルのスタートする絶対ライン番号を入力してください。
This is the Line Number at the far left and Not the Block Line Number (Nxxx).
これはブロック番号(Nxxx)ではなく左端 の行番号です。
The GO button will display the Starting Line in brackets.
GOボタンを押すと、ブラケットの開始行を表 示するでしょう。
オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.