DXF Tutorial
DXF教本

This short tutorial will introduce you to the most used commands in DeskCNC and will only take a few minutes.
この短い教本は、DeskCNCでよく使用さ れるコマンドの説明です。

Select the menu command File - Open DXF
メニュー・コマンド・ファイルの選択― DXFを開く

From the list choose PockTut.dxf
リストから、PockTut.dxfを選ぶ。
PockTut.dxf will be loaded and all closed regions will be displayed in a light gray color.
PockTut.dxfはロードされ、すべて の閉じた領域は、明灰 色に表示されます。
These color choices may be changed in Options.
これらの色選択はオプションで変更出来ます。
The second panel of the status bar will read All 265.
第2のパネルのステータスバーは全265を読みます。
This indicates you are in the View All screen and there are 265 total segments in PockTut.dxf.
これは、見える全スクリーンには、PockTut.dxfに合計265のセグメントがあることを示します。
The last panel will display the coordinates of the mouse cursor.
最後のパネルは、マウス・カーソルの座標を表 示します。

Right click the mouse button and select Select All (Select - Select All) All Boundaries will be displayed in blue and all Islands will be displayed in red.
マウスボタンの右クリックで、すべて(選択− すべてを選択の順序)を選択してください
すべて、境界は青、島は赤に表示されます。

Select Edit - Information
編集選択−情報
A small information box is displayed at the beginning of the first entity in each region.
小さな情報窓は、各領域の第1の要素の初めに 表示されます。
The first number denotes the region number and the optional second number indicates the region that this island belongs to.
第1の番号は領域番号を表示します。
また、オプションの第2の番号は、この島が属する領域を示します。


Select Toolpaths - Pocket
ツールパス選択−ポケット
The Pocket dialog window is displayed.
ポケット対話窓が表示されます。

Enter the following parameters.
次のパラメーターを入力してください(例)
Tool No - Enter 1
ツール、番号1を入力する
Tool - Enter 3/8" End Mill
ツール-3/8"のエンドミル(直)を入力する
Tool Diameter Enter .375
ツール直径 0.375を入力する
Pocket Depth - Enter .5
ポケット深さ- 0.5を入力します
X-Y Step Size Automatically calculated from Options - Tool Overlap.
オプション・自動的に計算されたX-Yステップ・サイズ-ツール、オーバーラップ します。
Z-Step Size - Enter .25.
Zステップサイズ- 0.25.を入力しま す。
Stock to Leave - Enter .05
去るストック-.05を入力します  ?
5 Hundredths will be left for the finishing pass.
500の、のパスに成ります。
Rapid Height - Enter .1
回避高さ- 0.1を入力します
Rapid moves will occur .1 inches above the workpiece.
回避動作はワークピースの 0.1インチ上で す。
Spindle Speed - Enter 1500.
主軸速度-1500を入力します。
Feedrate - Enter 10.
送り速度-10を入力します。
Plungerate - Enter 7.5.
押し込み速度-7.5を入力します。

Now press the Pocket button.
ここで、ポケット・ボタンを押してください。

Select View - Show Directions
視界を選択 - 方向を示します
An arrow is displayed at the midpoint of the first toolpath segment of each loop.
矢印は、各ループの第1のツールパスセグメン トの中間点に表示されます。
If the Mark All Entities option is selected then an arrow will be displayed at the midpoint of all the toolpath segments.
全要素が選択されていると、全ツールパス セグメントの中間に表示されます。

Select Toolpaths - Run Machine.
ツールパスの選択−加工の実行
Accept the default filename of PockTut.dnc and press Enter.
ファイル.dncを指定して、エンターキーを押してください。(デフォルト・ファイル名・PockTut.dnc
DeskCNC will go into Machining Mode and automatically load the PockTut.dnc toolpath file.
DeskCNCは機械加工のモードに入り、自動的にPockTut.dnc ツールパスファイルをロードします。

Select Mode
モード選択
Select Edit to plot the file on screen only.
スクリーン上の計画ファイルの編集を選択してください。
Select Machine mode to run the machine
実行に加工モードを選択して下さい。

Click the GO button
実行ボタンをクリックしてください。
DeskCNC will start machining the file
DeskCNCはファイルの機械加工を始めま す。

DXF Contour Tutorial
DXF輪郭教本

This short tutorial will introduce you to the most used commands for Contouring in DeskCNC and will only take a few minutes.
この短い教本は、DeskCNCで輪郭をたどる、コマンドの説明です。
Select the menu command File - Open DXF
メニュー・コマンド・ファイルを選択します。 ― DXFを開く
From the list choose PockTut.dxf
リストから、PockTut.dxfを選ぶ。
PockTut.dxf will be loaded and all closed regions will be displayed in a light gray color.
PockTut.dxfはロードされ、すべての閉じた領域は、明灰色に表示されます。
These color choices may be changed in Options.
これらの色選択はオプションで変更出来ます。
The second panel of the status bar will read All 265.
第2のパネルのステータスバーは全265を読みます。
This indicates you are in the View All screen and there are 265 total segments in PockTut.dxf.
これは、見える全スクリーンには、PockTut.dxfに合計265のセグメントがあることを示します。
The last panel will display the coordinates of the mouse cursor.
最後のパネルは、マウス・カーソルの座標を表 示します。

Right click the mouse button
マウスボタンを右クリックしてください。
Right click the mouse button and select ¡ÈSelect Region¡É (Select - Select Region).
マウスボタンの右クリックで、領域(選択−領域の選択の順序)を選択してください
Click on the first clover towards the bottom.
底に関する第1のクローバをクリックしてくだ さい。
The clover will turn to a blue boundary and the diamond inside of it will change to a red island.
クローバは青い境界へ、ダイヤモンドの内部は 赤い島に変わります。
Click on the second clover.
第2のクローバをクリックしてください。

Select Edit - Information
編集選択、情報
A small information box is displayed at the beginning of the first entity in each region.
小さな情報窓は、各領域の第1の要素の初めに 表示されます。
The first number denotes the region number and the optional second number indicates the region that this island belongs to.
第1の番号は領域番号を表示します。
また、オプションの第2の番号は、この島が属する領域を示します。


Select Toolpaths - Contour
ツールパス選択、輪郭
The Contour dialog window is displayed.
輪郭対話窓が表示されます。

Enter the following parameters.
次のパラメーターを入力してください。
Tool 0
ツール0
Tool Name- 1/4" 2 Flute HSS Standard End Mill
ツール名-1/4"の 2枚刃ハイス標準エン ドミル (直)
Contouring Depth - Enter .5
深さの輪郭をとること- 0.5を入力します
Z-Step Size - Enter .25.
Zステップサイズ- 0.25.を入力しま す。
Rapid Height - Enter .1
回避高さ- 0.1を入力します
Rapid moves will occur .1 inches above the workpiece.
回避動作はワークピースの.1インチ上です。
Spindle Speed - Enter 2500.
主軸速度-2500を入力します。
Feedrate - Enter 8.
送り速度-8を入力します。
Plungerate - Enter 6.
押し込み速度-6を入力します。
Select the Cut Out option in the cutter compensation frame.
切断オプションのカッター補償フレーム選択します。

Now press the Contour button.
では、輪郭ボタンを押してください。

The toolpath segments are created.
ツールパスセグメントが作成されます。
Islands are contoured in the inside before boundaries are cut out on the outside Leaving the two Clovers effectively Cut Out.
境界が切断される前に、島の輪郭は内部に作られ、外部を残すことで2輪のクローバは有効に切削されます。

Select View - Show Directions
視界の選択 - 方向を示します
An arrow is displayed at the midpoint of the first toolpath segment of each loop.
矢印は、各ループの第1のツールパスセグメン トの中間点に表示されます。
If the Mark All Entities option is selected then an arrow will be displayed at the midpoint of all the toolpath segments.
マークして、要素オプションが選択されている と、矢印はすべてのツールパスセグメントの中間点に表示されます。
Select Edit - Information
編集の選択、情報
A small box is displayed at the beginning of each toolpath loop displaying the loop number.
各ツールパスループの初めの小さな窓にループ番号が表示されます。

Select Toolpaths - Run Machine.
ツールパスを選択−機械の運転
Accept the default filename of PockTut.dnc and press Enter.
ファイル.dncを指定して、エンターキーを押してください。(デフォルト・ファイル名・PockTut.dnc
DeskCNC will go into Machining Mode and automatically load the PockTut.dnc toolpath file.
DeskCNCは機械加工のモードに入り、自動的にPockTut.dnc ツールパスファイルをロードします。

Select Mode
モード選択

Select Edit to plot the file on screen only.
スクリーン上の計画ファイルの編集を選択してください。
Select Machine mode to run the machine
実行に加工モードを選択して下さい。

Click the GO button
実行ボタンをクリックしてください。
DeskCNC will start machining the file
DeskCNCはファイルの機械加工を始めま す。

DXF Drill Tutorial
DXFドリル教本


This short tutorial will introduce you to the most used commands for Drilling in DeskCNC and will only take a few minutes.
この短い教本は、DeskCNCで穴あけの、コマンドの説明です。

Select the menu command File - Open DXF
メニュー・コマンド・ファイルを選択します。 ― DXFを開く

From the list choose DrillTut.dxf
リストから、DrillTut.dxfを選 ぶ。
DrillTut.dxf will be loaded and all closed regions will be displayed in a light gray color and all open regions will be displayed in an even lighter gray color.
DrillTut.dxfはロードされ、すべ ての閉じた領域、い明るい灰色、開いた領域は、もっと明るい灰色に表示されます
These color choices may be changed in Options.
これらの色選択はオプションで変更出来ます。
The second panel of the status bar will read All 15.
第2のパネルのステータスバーは15すべてを読むでしょう。
This indicates you are in the View All screen and there are 15 total segments in DrillTut.dxf.
これは、見える全スクリーンには、DrillTut.dxf に合計15のセグメントが有ることをしまします。
The last panel will display the coordinates of the mouse cursor.
最後のパネルは、マウス・カーソルの座標を表 示します。

Right click the mouse button
マウスボタンの右クリックをしてください。
Right click the mouse button and select ¡ÈSelect Empty Circles¡É (Select - Select Empty Circles).
マウスボタンの右クリックをして、空の円を選 択してください。(選択− 空の円を選択)
All the circles will turn to blue boundaries.
円のすべての境界が青く成ります。

Select Toolpaths - Drill
ツールパス選択、ドリル
The Drill dialog window is displayed.
ドリル対話窓が表示されます。

Enter the following parameters.
次のパラメーターを入力してください。
Tool - 1
ツール-1
Tool - 5/16" Drill Bit
ツール-5/16"のドリル・ビット
Drilling Depth - Enter .375
穴空け深さに- 0.375を入力します
The holes will be .375" Deep.
穴は深さ 0.375"になります。
Rapid Height - Enter .1
回避高さ- 0.1を入力します
Rapid moves will occur .1 inches above the workpiece.
回避動作がワークピースの.1インチ上に成り ます。
Spindle Speed Enter 600
主軸速度、600を入力する
Plungerate - Enter 10.
押し込み速度-10を入力します。

Now press the Drill button.
ではドリル・ボタンを押してください。

The Save As dialog window will be displayed with the default filename of DrillTut.Dnc.
対話ウィンドウで保存は DrillTut.Dncのデフォルト・ファイル名で表示されます。
It will be saved in the DNC sub directory of the DeskCNC folder.
DeskCNCフォルダーのDNC subディレクトリーの中に保存されます。
Enter a different filename if desired or press the Save button.
あるいは異なるファイル名.Dncを入力して 保存ボタンを押してください。
If the file already exists from a previous tutorial you will be prompted to overwrite it.
ファイルが前から既に有ると、上書きするか聞 かれ。
If so, click Yes.
よければ、はいをクリックしてください。

The toolpath segments are created.
ツールパスセグメントが作成されます。

Select Edit - Information
編集選択、情報
A small box is displayed at the beginning of each drill point displaying the sequence number.
各ドリル・ポイントの初めの小さな窓シーケンス番号が表 示されます。

Select Toolpaths - Run Machine.
ツールパスの選択−機械運転
Accept the default filename of DrillTut.dnc and press Enter.
ファイル.dncを指定して、エンターキーを押してください。(デフォルト・ファイル名・DrillTut.dnc
DeskCNC will go into Machining Mode and automatically load the DrillTut.dnc toolpath file.
DeskCNCは機械加工のモードに入り、自動的にDrillTut.dnc ツールパスファイルをロードします。
Select Mode
モード選択
Select Edit to plot the file on screen only.
スクリーン上の計画ファイルの編集を選択してください。
Select Machine mode to run the machine
実行に加工モードを選択して下さい。

Click the GO button
実行ボタンをクリックしてください。
DeskCNC will start machining the file
DeskCNCはファイルの機械加工を始めます。

STL Tutorial
STL教本

This short tutorial will introduce you to the most used commands for Prototyping in DeskCNC and will only take a few minutes.
この短い教本は、DeskCNCでプロトタイプを作る、コマンドの説明です。
Select the menu command File - Open STL
メニュー・コマンド・ファイルの選択 ― STLを開く

From the list choose Teapot.Stl.
リストから、Teapot.Stlを選びま す。

Select Toolpaths - Create
ツールパスの選択 - 作成
The Prototype dialog window is displayed.
プロトタイプ対話窓が表示されます。

Enter the following machining parameters.
次の機械加工パラメーターを入力してくださ い。
Rapid Height - Enter 1
回避高さ-1を入力します
Roughing Direction Select the X axis
Xの軸の荒削りを選択してください。
Roughing Tool Name 6 mm Ball Mill
荒削り、ツール名前 6mmのボールミル
Roughing Tool 1 Roughing Diameter Enter 6
荒削り、ツール1、直径6を入力する
Rough Tool Type Select 'Ball'
荒削りツール・タイプ「ボール」を選ぶ
X-Step Size Enter .6 (Automatically y Entered).
Xステップサイズ 0.6(あるいは自動的に 入力されたx)を入力します。
Y-Step Size Enter .6 (Automatically y Entered).
Yステップサイズ 0.6(あるいは自動的に 入力されたy)を入力します。
Z-Step Size Enter 10 (Each rough pass will be a maximum of 10 mm deep).
Zステップサイズ、10(荒削りパスは最高 10mmの深さになります)を入力して下さい。
Spindle Speed - Enter 5000.
主軸速度-5000を入力します。
Feedrate- Enter 200.
送り速度-200を入力します。
Plungerate - Enter 150.
押し込み速度-150を入力します。
Finishing Direction Select the Y axis
方向を終了して、Y軸を選択してください。
Finishing Tool Name 6mm Ball Mill (Same as Rough pass).
仕上げツール名前6mmのボールミル(荒削り パスと同じ)。
Finishing Tool 1 Finishing Diameter Enter 6 Finish Tool Type Select 'Ball'
仕上げツール1、仕上げ直径6を入力する、仕上げツール・タイプ選択する「ボール」
X-Step Size Enter .6 (Automatically y Entered).
Xステップサイズ.6(あるいは自動的に入力 されたy)を入力します。
Y-Step Size Enter .6 (Automatically y Entered).
Yステップサイズ.6(あるいは自動的に入力 されたy)を入力します。
Z-Step Size Enter 50 (Finish in one pass).
Zステップサイズ、50(1回の仕上げパス) を入力します。
Spindle Speed - Enter 5000.
主軸速度-5000を入力します。
Feedrate - Enter 200.
送り速度-200を入力します。
Plungerate - Enter 150.
押し込み速度-150を入力します。

Now press the Machine button.
では機械ボタンを押してください。
The toolpath segments are created.
ツールパスセグメントが作成されます。

Select Toolpaths - Run Machine.
ツールパスを選択−運転
Accept the default filename of TeaPot.dnc and press Enter.
ファイル.dncを指定して、エンターキーを押してください。(デフォルト・ファイル名・TeaPot.dnc
DeskCNC will go into Machining Mode and automatically load the TeaPot.dnc toolpath file.
DeskCNCは機械加工のモードに入り、自動的にTeaPot.dnc ツールパスファイルをロードします。

Select Mode
モード選択
Select Edit to plot the file on screen only.
スクリーン上の計画ファイルの編集を選択してください。
Select Machine mode to run the machine
実行に加工モードを選択して下さい。


Click the GO button
運転ボタンをクリックしてください。
DeskCNC will start machining the file
DeskCNCはファイルの機械加工を始めます。

DXF Advanced Tutorial
高度DXF教本

This short tutorial will introduce you to some of the advanced commands in DeskCNC and will only take a few minutes.
この短い教本は、DeskCNCの高度DXFのコマンドのうちのいくつかの、コマンドの説明です。
Select the menu command File - Open DXF
メニュー・コマンド・ファイルの選択― DXFを開く

From the list choose Advanced.dxf
リストから、Advanced.dxfを選 ぶ。

Right click the mouse button and Select All (Select - Select All) All Boundaries will be displayed in blue and all Islands will be displayed in red.
マウス右ボタンをクリックして、すべて(選択 −すべてを選択)を選択してください、
すべての境界は青、島は赤に表示されるでしょう。


Select Edit - Information
編集選択、情報
A small information box is displayed at the beginning of the first entity in each region.
小さな情報窓は、各領域の第1の要素の初めに 表示されます。
The first number denotes the region number and the optional second number indicates the region that this island belongs to.
第1の番号は領域番号を表示します。また、オ プションの第2の番号は、この島が属する領域を示します。
In parenthesis will be advanced information such as Wall profile.
括弧内は、ウォール・プロフィールのような進 んだ情報です。

Select Edit - Change Depths
編集選択、深さ変更
The Depth dialog window will pop up.
深さ対話窓が出ます。
Enter a Depth of 1.
1の深さを入力してください。
Select 'Boundaries' and Press 'Apply'.
「境界」を選択して、「適用」を押してくださ い。
All Boundaries (in Blue) will have a depth of 1.
境界(青の中の)はすべて、1の深さに成りま す。
The information marker for the outer most boundary will now show a depth of 1.
外部の各境界の情報マーカーは、1の深さを示 します。

Enter a Depth of 0.5.
0.5の深さを入力してください。
Select Islands and Press 'Apply'.
島を選択して、「適用」を押してください。
All Islands (in Red) will now have a depth of .5.
島(赤色)はすべて、0.5.の深さに成りま す。
The information marker for each Island will now show a depth of 0.5.
各島の情報マーカーは、0.5の深さを示しま す。

Enter a Depth of 2.0.
2.0の深さを入力してください。
Select 'Single Region' and Enter the region number of the inner circle (most likely 3).
「単一の領域」を選択して、近くの円(例えば 適当に3)の領域番号を入力してください。
Press Apply.
適用を押す。
The information marker for the inner circle will now show a depth of 2.0.
近くの円の情報マーカーは、今2.0の深さを 示します。
The inner circle will change color to the Boundary color (Blue) indicating that it is no longer an Island.
近くの円は、島ではない、境界色(青)に色を 変更するでしょう。
Its depth was changed to a deeper depth (Its depth is 2 compared with the outer region's depth of 1.0) than its parent region and thus becomes a boundary to be machined and not an Island to be avoided.
その深さは、その親領域より深い深さ(外部の 領域の1.0の深さと比較して、その深さは2です)に変更され、
このように回避される島ではなく機械加工される境界になります。


Press the cancel button to leave the Depths dialog window.
深さ対話窓を残すために取り消しボタンを押し てください。

Select Edit - Information to turn off the information markers.
編集選択-情報マーカーを消す-を選択してく ださい。

Select Toolpaths - Pocket
ツールパス選択、ポケット
The Pocket dialog window is displayed.
ポケット対話窓が表示されます。

Enter the following parameters.
次のパラメーターを入力してください。
Tool No - Enter 1
ツール、番号―1を入力する
Tool - Enter 1/4" End Mill
ツール-1/4"のエンドミルを入力
Tool Diameter Enter .25 Pocket Depth - LEAVE THIS AT 0.
ツール直径0.25でポケット深さ-レベルは 0-を入力します。
Depths have been previously set.
深さは以前に設定済み。
X-Y Step Size Automatically calculated from Options - Tool Overlap.
オプションから自動的に計算されたX-Yス テップ・サイズ-ツール、オーバーラップします。
Z-Step Size - Enter 1.0.
Zステップサイズ-1.0を入力します。
Stock to Leave - Enter 0
去るストック-0を入力します
Rapid Height - Enter .1
回避高さ-.1を入力します
Spindle Speed - Enter 1500.
主軸速度-1500を入力します。
Feedrate - Enter 10.
送り速度-10を入力します。
Plungerate - Enter 7.5.
押し込み速度-7.5を入力します。

Now press the Pocket button.
ではポケット・ボタンを押してください。

Select Edit - Information
編集選択、情報
Turn information markers back on.
情報マーカーを再度つけてください。

Select Edit - Add Walls.
編集選択−壁を加える
The Walls dialog window will pop up.
ウォール対話窓が出ます。

Enter 3 for the region (or the region number associated with the inner circle).
領域(あるい内円に関連した領域番号)に3を 登録してください。
Select the first profile (A circular profile).
第1のプロフィール(円のプロフィール)を選 択してください。
Enter a Delta of 1.
1のデルタに入ってください。
This will give a full semicircular wall.
これは十分な(半)円の壁を与えるでしょう。
It is equivalent to the difference in depths of the region (depth of the inner circle is 2) and its parent (its parent is the outer circle and has a depth of 1).
それは、領域(内円の深さは2です)およびそ の親(その親は外部の円で、1の深さを持っています)の深さの差と同じです。

Press the cancel button to leave the Walls dialog window.
ウォール対話窓を残すために取り消しボタンを 押してください。

Select Edit - Information to turn off the information markers.
編集情報−情報マーカーを切る-を選択してく ださい。

Select Toolpaths - Pocket
ツールパス選択、ポケット
The Pocket dialog window is displayed.
ポケット対話窓が表示されます。

Leave all parameters the same except change the Z Step Size to 0.25
変更以外のパラメーターはすべて同じことを残 す、Zのステップ・サイズ0.25

Now press the Pocket button.
さてポケット・ボタンを押してください。
Use the mouse to view the toolpaths at different angles.
異なる角度でツールパスを見るためにマウスを 使用してください。
Notice the inner circle starting to take the shape of a semicircle or 'bowl'.
内円が半円あるいは「ボウル」の形をとり始め ることに気づいてください。

Select Toolpaths - Run Machine.
ツールパス選択−機械運転。
Accept the default filename of Advanced.dnc and press Enter.
ファイル.dncを指定して、エンターキーを押してください。(デフォルト・ファイル名・Advanced.dnc
DeskCNC will go into Machining Mode and automatically load the Advanced.dnc toolpath file.
DeskCNCは機械加工のモードに入り、自動的にAdvanced.dnc ツールパスファイルをロードします。

Select Mode
モード選択
Select Edit to plot the file on screen only.
スクリーン上の計画ファイルの編集を選択してください。
Select Machine mode to run the machine
実行に加工モードを選択して下さい。


Click the GO button
運転ボタンをクリックしてください。
DeskCNC will start machining the file
DeskCNCはファイルの機械加工を始めます。
オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.