Working with Image Files
イメージ・ファイルの操作

DeskCNC features a computer image to Toolpath converter that is used to route, carve, or mill images using a CNC machine.
DeskCNCは、コンピューター・イメージツールパス制御基板を使い、CNCマシンに ルータ、彫刻、ミルのイメージを送るのを特色とするソフトです。
Images are converted to Gray automatically on load for processing.
イメージは、自動的にグレイ色になるよう変換処 理されます。
DeskCNC includes a set popular filters for basic and advanced image manipulation.
DeskCNCはポピュラーなフィルタと基本的高度なイメージ操作のセットを含んでいます。
DeskCNC supports a variety of the most popular image formats including TIF, GIF, JPEG, PCX, BMP, RLE, ICO, CUR, PNG, EMF, WMF, TARGA, PPM, AVI.
DeskCNCは、TIF、GIF、 JPEG、PCX、BMP、RLE、ICO、CUR、PNG、EMF、WMF、TARGA、PPM、AVIを等の
ポピュラーなイメージ・フォーマットを使えます。

Portions of Images can be processed separately.
イメージの部分は別々に処理することができま す。
It includes advanced raster to vector conversion for use in different engraving styles such as Topography.
等高線地図のように、ラスターをベクターにする(走査型を方向型にする)高度な変換です。

Modifying the Image
イメージの修正

Features
特徴

Invert
裏返し
Inverts all colors of the Image creating a Negative of the Image.
イメージの色をすべて逆にし、イメージの裏返しを作成します。
Useful for switching between a Raised Carving or a Sunken Carving.
凸型の彫刻と凹型彫刻の切り替えに使います。

Resample/Resize -
再びサンプリングし/サイズを変更します。-
Resizes the Image.
イメージをサイズ変更します。
Selecting 'Aspect Ratio' keeps the Width/Height ratio constant.
「縦横比」を選択すると幅/高さ比率を変更し ません。
Various resizing filters are available to improve image quality when increasing the image size.
イメージ・サイズを大きくするときは、サイズ 変更フィルタはイメージ品質を改善します。

Tip -
助言-
Increase the Image Size (In Pixels) to increase the XY Step Resolution (decrease the XY Stepovers) when Carving.
XYステップ分解能を増やすためには(XYステップ誤差を減らすために)、イメージサイズ(ピクセル)を増加させて下さい。
(大きい画像を使う)

Crop
取り込み
Rectangle, Polygon, Ellipse, or 'Magic Wand' Selection tools are available for selecting areas of the image.
長方形、多角形、楕円あるいは「魔法の杖」選 択ツールはイメージの範囲選択に使います。
Click and Drag the Left mouse button to define the Rectangle or Ellipse.
長方形か楕円を定義する場合は左のマウスボタ ンをクリックしてドラッグしてください。
Click a color of interest to invoke the Magic Wand.
魔法の杖を起動すには色をクリックしてください。
The Magic Wand will follow the outline of the selected color.
魔法の杖は、選択された色のアウトラインを選択します。
Click the Left mouse button to define the edges of the polygon selection tool.
多角形選択ツールで図形の縁を左マウスボタンでクリックし、定義してください。
Double click the Left mouse button to close the polygon.
左のマウスボタンのダブルクリックは多角形を閉じます
Once a selection has been made, the cursor changes to up/down arrows to move the selection window.
選択すれば、カーソルは上/下の選択移動の矢 モードに変わります。
When you are satisfied with the selected area, click on the Crop button to crop the Image to the selected area.
選択された範囲の画像が良ければ、取り込みボ タンをクリックしてください。

Modify Image
イメージの修正
Brings up a modify Image Dialog window.
イメージ修正選択窓が表示されます。
Most basic Image manipulation functions are available such as Brightness, Contrast, 3x3 Convolute Filters etc.
基礎的なイメージ操作機能は、明るさ、コント ラスト、3x3の回旋状のフィルタなどです。
The Color Depth can also be reduced to any number of colors from 2 to 255.
色による深さ区別は2〜255色相当になりま す。
Click OK to apply the changes to the main Image.
主、イメージを変更するにはOKをクリックし てください。
Click the Preview button to apply the changes to the thumbnail image in the modify Image Dialog window.
修正イメージ対話窓のサムネイルのイメージ変 化を見るにはプレビュー・ボタンをクリックしてください。
Depressing the Lock button locks the Preview and any changes made to the preview image will be displayed in real time.
ロック・ボタンを押しておくと、試写イメージの変更は直ぐに表示されます。

Revert to Original Image
元のイメージに戻るには
Reloads the current image.
現在のイメージに元有ったイメージを再ロードして下さい。
Useful if too many image modifications have corrupted the Image beyond repair.
イメージを修正しすぎて、戻せない場合、有用 です。
Carving Images
イメージの彫刻


The following is available by selecting the Carve Tab.
下記はCarveタブを選択して下さい。

Size X
サイズX
Enter the width of the finished carving.
完成彫刻の幅を入力して下さい。
If the "Keep aspect ratio" box is checked, then the height will be entered automatically.
「縦横比(アスペクト比)維持」にチェックさ れていると、高さ(Y軸)は自動的に入力されます。

Size Y
サイズY
Enter the height of the finished carving.
完成彫刻の高さ(Y軸)を入力してください。
If the "Keep aspect ratio" box is checked, then the width will be entered automatically.
縦横比維持にチェックされていると、幅は自 動的に入力されます。

Step X or Step Y
ステップXかステップY
Enter the step over along the X or Y axis.
XかY軸のステップ数を入力して下さい。
If the "Keep aspect ratio" box is checked, then the other Step value will be entered automatically and is equal to the Step value entered.
縦横比維持にチェックされていると、もう一つのステップ値は自動的に入力されます。
The Step can not be less than one pixel in length which is the default (the value will turn red to indicate that you have entered a value that is not supported).
ステップのデフォルト長さは1ピクセル以上です。(不可値を入力したら、赤く示されます)
Increasing the Step values will reduce the file size and time required to route the image but will give a product with lower detail.
ステップ値ピクセル値にたいする一段の加工刻み幅)が大きいと
イメージのファイル・サイズと彫刻時間は少なくなるが、製品の分解能が下がります。

To increase the resolution of the Carving, Resample/Resize the image using any of the available resample filters.
再サンプル/寸法変更、等の利用可能なフィルタのどれかを使い、彫刻の分解能を増加させてください。
Better results are obtained from the more advanced filters when increasing the image size.
イメージ・サイズを増加させると、さらに高度 なフィルタで、よりよい結果が得 られます。

Depth
深さ
Enter the maximum depth that you want to route.
最大の深さを入力してください。
This depth is assigned to pure Black.
この深さは純粋な黒に割り当てられます。
If you image does not contain pure Black, then the finished Carving will have a maximum depth that is less than the entered depth.
イメージに純粋な黒がない、これは入力された深さ未満なので完成した彫刻は最大値に入力された深さには成りません。

Depth / Pass
送り深さ
Enter the maximum depth the machine should cut in a single pass.
一度当たりの送り深さを入力してください。
Each pass will be optimized and unnecessary rapid moves will be automatically filtered out.
不要な速い動きは自動的選別され、各パスは最適化されるでしょう。

Feedrate
送り速度
Enter the feedrate for the Toolpath file.
ツールパス・ファイルに送り速度を登録してく ださい。

Rapid Height
回避高さ
Enter the clearance height that all rapid moves will go to while moving to the next line.
次のラインへ移動の、回避横断のクリアランス高さを入力してください。

Gouge Control
丸のみ、コントロール
Check this box if you want gouge control to be applied to the toolpaths.
丸のみ、コントロールを加工に適用するとき は、この箱をチェックしてください。
When gouge control is active, the cutter will not gouge a single black pixel in an area of white.
丸のみ、コントロールONにすると、カッター は白エリアの単一の黒いピクセルを丸のみで彫りません。
Three tool types are available- Ball, End, and Vee cutters.
ツールは3種類、直、球、Vカッターがあります。
It is always recommended to apply gouge control while carving images.
丸のみコントロールはイメージを刻んで作る間常に適用して下さい。

Gouge Control - Tools
丸のみコントロール-ツール
Selecting a Tool number from the drop down list will automatically set the tool parameters from the tool database.
ツール選択窓からツールを選ぶと、自動的にツール・データ・ベースからツール・パラメーターをセット します。
These may be changed or altered for user defined tools.
これらはユーザが定義したツールに変更される でしょう。
Tool definition parameters must be set for Gouge Control and for viewing a rendered image of the tool paths.
ツール・パスのイメージ描画を見るには、ツール定義パラメーターを丸のみコントロール用に設定しておいて下さい。
Different parameters are needed for each tool style.
各ツール・スタイルにそれぞれのパラメーターが必要です。
For Vee style cutters, the included angle must be set but for Ball cutters the ball radius must be set.
V・カッターは、刃先角度必要ですが、ボー ル・カッターは、ボール半径を設定して下さい。

Machining Direction
加工の方向
Both X and Y machining directions are available.
XとY両方とも加工の方向指示が出来ます。
A roughing pass in one direction followed by a finishing pass in the other direction yields best results.
粗加工を一方向にして、仕上げ加工は別の方向すると、最良の結果になります。
(粗加工と仕上げ工程は違う方向にすると良 い。)
Cut Margin
カット・マージン
Selecting this option will remove unnecessary machining 'around' the 'interesting' part of an image.
このオプションを選択すると、イメージの重要 な部分周りの加工をしません。
For this option to be effective, the image of interest should be surrounded by pure Black.
このオプションを有効にするには、重要なイメージは純粋な黒で囲んで下さい。
For example, a white circle in a pure black background will give two different results depending on whether the Cut Margin selection is checked.
例えば、純粋な黒の背景に有る白い円は、カッ ト・マージン選択のチェックによって2つの異なる結果になります。

Create
作成
Creates the Carving based on the current settings.
現在のセッティングに基づき彫刻を作成しま す。
The View automatically changes to wireframe.
視界は、自動的にワイアフレーム(線状立体) に変わります。

Machine the Toolpaths
加工のツールパス
Clicking this button prompts you to save the Toolpaths to a DNC file and loads the resulting file into the DeskCNC Machine Controller mode.
このボタンのクリックは、DNCファイルへ ツールパスを保存するようにあなたに促し、
DeskCNC、コントローラー・モード用に結果・ファイルをロードします。

From here, you can immediately run this file on your machine from Windows (optional Controller required).
ここから、直ちに、Windowsからの加工 機上でこのファイルを実行することができます。
(オプションのコントローラー が必要)
Engraving Images
線刻

The following options are available
次のオプションが利用可能です。
Width

Enter the Width of the Engraving.
線刻の幅を入力。
The vector toolpaths that are created will be scaled based on this value.
ベクトルツールパスはこの値に基づいてた寸法で作成されます
Aspect ratio is preserved and can not be changed.
縦横比は保存されており変更することができま せん。
The default width is the Image width based on its Dots per Inch property.
デフォルト幅はそのドット/インチ特性に基づ いたイメージ幅です。

Cutting Depth
切断深さ
Enter the Depth of the Engraving.
彫刻の深さを入力してください。
The vectors that are created will be based on this depth.
この深さに基づきベクトルは作成されます
When using the Topography feature and Region Depths are 'Based on Color', this depth represents the cutting depth of pure Black regions.
等高線地図および領域深さの使用が「色に基づ く」場合、この深さは純粋な黒涼気の切断深さを表わします。
The depth of lighter regions will be scaled accordingly under these conditions.
明るい領域の深さは、これらの条件の下で寸法 付けされます。

Z Level of Image
Zレベルイメージ
When creating an Engraving at a single depth, this represents the depth of color to operate on.
線刻を作成する場合、深さを色で表します。
Valid range for this parameter is 1-99 and denotes the percent of the image depth.
このパラメーターのための有効な範囲は1- 99で、イメージ深さのパーセントを表示します。
0 % equates to pure White while 100 % equals pure Black.
0%は純粋なホワイトで、100%は純粋な黒 です。
Therefore, the default value of 50% will vectorize those portions of the image that are 'pure' gray (half way between black and white).
したがって、50%のデフォルト価値は、「純 粋な」灰色(黒と白の間、半分)であるイメージのそれらの部分をベクトルにします。
はっきり理解できていない?

Z Step
Zステップ
The Z Step parameter is used when making an Engraving under the Topography option.
等高線地図オプションで線刻を作る場合、Zス テップ・パラメーターが使用されます。
The Z Step is used to calculate the next depth to operate on.
Zステップは作動上で次の深さを計算するため に使用されます。
For example, if the Cutting Depth is 1 and the Z Step is 0.1 then toolpaths will be created in 0.1 increments from 0 to 1.0.
例えば、切断する深さが1で、Zステップが次 に0.1である場合、ツールパスは0〜1.0まで0.1ごとの加算でで作成されます。
There will be 10 'layers' of vectorised toolpaths.
ベクトルになったツールパスの10の「層」が 出来ます。
If the 'Based on Color' option is checked, then each 'layer' will have its cutting depth scaled accordingly.
もし、その「色に基づいた」オプションを チェックすると「層」はその切断深 さに寸法付けします。
Otherwise, all 'layers' will have the same depth set to the Cutting Depth.
チェックしないと、「層」はすべて切断するの と同じ深さに設定されます。

Feedrate
送り速度
Sets the current Feedrate that will be used in the Toolpath File.
ツールパス・ファイルの中で使用される、送り 速度を設定します。

Rapid
回避
Sets the current Rapid or Clearance height that the cutter will travel at while going to the next region.
カッターが次の領域へ移動する間の、回避あるいは隙間(クリアランス)高さを設定します。

Style
スタイル(姿)
Sets the style of the created vector regions.
作成されたベクトル領域のスタイルをセットし ます。

Single:
単一:
Creates vector regions at a single depth.
単一の深さでベクトル領域を作ります。
The depth (in terms of Image Color) at which the vectors are determined is set in the Z Level field.
ベクトルが決定される深さ(イメージ色での) はZレベルの項目で設定されます。
The actual Cutting Depth of the resultant toolpaths is set in the Cutting Depth field.
合成のツールパスの実際の切断深さは、切断す る深さの項目で設定されます

Topography:
等高線地図型:
Creates regions at multiple depths thereby creating a Topographical Map of the Image.
イメージの等高線地図を作成して、多数の深さの領域を作ります。
Each level of the Topography Map is created from the Z Step field.
等高線地図はZステップ・フィールドの各レベルから作成されます。
The created regions can be set to the same Machining depth by setting the Region Depths to Single Depth and entering a Cutting Depth.
単一の深さ設定領域と入力した深さ設定領域を、幾つかの加工できる深さ領域に設定し作成できます。
If Region Depths is set to Based on Color then the depth of the created Regions will be scaled to the value set in the Cutting Depth of the Image.
領域深さが設定されると、色に基づいた深さに 作成された領域深さは イメージの切断深さに設定された値に寸法づけられます。

Reduce
縮小
Removes points from the created regions.
作成された領域からポイント(点)を取り除き ます。
Helps to reduce the overall number of line segments created.
線分の全面的な縮小数値は作成されます。
Values can be from 1 to infinity.
値は1から無限までありえます。
Example - If set to 2 then DeskCNC will keep a point, remove the next 2 points, keep the next point, remove the next 2 points etc.   of a region.
例-もし2にセットされると、DeskCNC はポイントを維持し、次の2ポイントを削除する、
次のポイントを維持する、領域に次の2ポイントを削除・・・となります。


Curve Fit
カーブ合わせ
When checked, each region created will be smoothed by fitting the regions' points to a B-Spline.
カーブあわせをチェックして、作成された各領 域にBスプラインの点を適合させるとより滑らかになります。
The value entered is the number of segments that will be added between each point in the region.
入力された値は領域の各ポイント間で加えるべ きセグメント(部分)の数です。
By using Reduce and Curve Fit together, regions can be smoothed out considerably and the number of toolpaths reduced.
使用すると小さくなる、そしてカーブも適合し て、領域は滑らかになります、また、ツールパスの数も少なくなります。

Filter
フィルタ
Filters out or removes smaller regions.
より小さな領域を選別し撤去します。
All regions that have fewer than the number of Toolpaths entered will be removed.
入力されたツールパスの数が削除されて、総ての領域はより少なくなり ます。

Create
作成
Creates vector regions based on the current settings.
現在の設定に基づいたベクトル領域を作りま す。
The View automatically changes to wireframe.
視界は、自動的にワイアフレーム(線状立体)に変わります。

Clear
整理
Clears all Vector Regions.
ベクトル領域を整理します。
If regions are not Cleared, then the created toolpaths will be added to any existing toolpaths.
領域を整理しないと、作成されたツールパスは 既存のツールパスに加えらます。

Undo
操作取消
Removes the last set of created regions.
作成された領域の最後の操作を取消します。

Machine the Toolpaths
ツールパスの機械加工
Clicking this button prompts you to save the Toolpaths to a DNC file and loads the resulting file into the DeskCNC Machine Controller mode.
このボタンのクリックは、DNCファイルへの ツールパスを保存するように促し、
DeskCNCのコントローラーボード用に、結果ファイルをロードします。

From here, you can immediately run this file on your machine from Windows (optional Controller required).
ここから、直ちに、ウインドウズコンピュー ターからの機械を使ってこのファイルを実行することができます。
(オプションのコントローラーが必要)
Image Viewing Options
イメージを見るオプション


Image
イメージ
The Original image is displayed and any toolpaths are hidden.
ツールパスが隠されて、元のイメージが表示されます。
Left clicking on the Image will zoom in while right clicking will zoom out.
イメージを左クリックすると拡大し、右クリッ クすると縮小します。

Wireframe
線状立体
Displays any toolpaths that have been created using the Carving or Engraving features of DeskCNC.
DeskCNCで作った彫刻や線刻のツールパ スを表示します。
While viewing the Wireframe mode, dragging the left mouse button will orbit the toolpaths in dynamic 3D fashion.
線状立体モードを見ているとき、左のマウスボタンをドラッグすると 動的立体の周りのツールパス?。
Holding the Shift button down and dragging the left mouse button will Pan the toolpaths while holding the Ctrl key down and dragging the left mouse button will Zoom in/out.
シフトキーを押したまま、左のマウスボタンド ラッグするとツールパスを移動します、
コントロールキーを押したまま、左のマウスボタンをドラッグするとツールパスを拡大/縮小表示します。


Rendered
描画
Displays a 3D Solid based view of the toolpaths.
立体像のツールパスを表示します。
For proper display, the tool number must be defined in the tool library.
適切にツールライブラリーで定義されたツール番号が表示されます。
The quality of the rendered display is set by the OpenGl Resolution as set in Options.
描画は、OpenGl分解能のオプションの設定で決まります。
A lower value will give a better display at the expense of display speed.
低い値は表示速度が遅くなり、高画質になりま す。
オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.