4 Axis Foam Airfoil Tutorial
4 軸泡翼教本

1. Make sure you have version 2.0.0.71 or later.
1. バージョン2.0.0.71以降で動作します。
2. Download airfoil.lzh and save to your DeskCNC folder.
2. airfoil.zipをダウンロードして、DeskCNCフォルダーに保存してください。
3. Select menu Options - Misc., set the post Processor to 'FourAxisLinear'.
3. メニュー・オプションを選択し―Misc、4軸直線「FourAxisLinear」をポスト・プロセッサにセットしま す。
4. Select menu Options - Foam, set the Wire Diameter = 0.125 and the Step = 0.010.
4. メニュー・オプション―フォーム、を選択して、ワイヤー直径=0.125とステップ=0.010を設定します。
5. Select menu Setup - Machine Setup - Machine, set your machine to 4 axis w/ Linear.
5. メニュー・セットアップ−機械セット・アップ−機械を選択して、4軸 w/直線に設定します。
6. Select menu File - Foam Cutter - Open Top/Left/Larger and select the airfoilbig.dxf file.
6. メニュー・セットアップ−フォームカットを選択して、airfoilbig.dxfファイルを選択して、上/左/より大きくで、開くいて下さい。
7. Select menu File - Foam Cutter - Open Bottom/Right/Smaller and select the airfoilsmall.dxf file.
7. メニュー・セットアップ−フォームカットを選択して、airfoilsmall.dxfファイルを選択して、底/右/小さく開くいて下さい。
a. The screen should look like...
a. 画面は次のようになります...



8. Select menu View- Information Tags, a marker is placed at the beginning of each region.
8. メニュー視界−情報タグを選択して下さい、マーカーは各区域の初めに付きます。
9. Select menu Edit DXF - Change Start/Depart.
9. メニューDXFの編集を選択し、- 変更、スタート/出発してください。
a. Left Click on the Top Tail of each airfoil. The marker is positioned at this point showing the Start of the region.
a. 翼の上後端を左クリックすると、 区域のスター点を示すマーカーが付きます
b. Your screen should look like this...
b. 画面は次のようになります...



10. Select menu Toolpaths - Four Axis Foam Cut and enter the following...
10. メニューツールパス−4軸フォームカットを選択して、下記の 様に入力して下さい....
a. Feedrate = 30.0, Approach Height = 0.5.
a. 送り速度Feedrate=30.0、アプローチ高さ=0.5.
b. The Approach Height is the absolute height the wire will traverse at to reach the Start Point of each region.
b. アプローチ高さは区域のスタート・ポイントからの、ワイヤーが横断する、絶対的な高さです。
c. Click the Create button.
c. 作成Createボタンをクリックしてください。
Toolpaths are created with the approach settings.
 ツールパスToolpathsはアプローチ・セッティングで作成されます。
11. Select menu Toolpaths - Run Machine.
11. メニューToolpathsを選択して、機械を動作させて 下さい。
a. Accept the default filename and click OK.
a. デフォルト・ファイル名を許可して、OKをクリックしてください。
b. The toolpath GCode file is created and automatically loaded into the GCode Editor.
b. ツールパスG−コードtoolpathGCodeファイルは作成され、GCodeエディターに自動的にロードされます。
12. The GCode editor will look like this...
12. GCodeエディターの画面は次のようになります...



13. If you have the optional DeskCNC Controller attached, you can now run your hot wire foam cutter and create this airfoil.
13. オプションのDeskCNC制御器を付ければ、熱ワイヤーフォームカッターを実行して、この翼を作成することができます。
a. The Hot Wire will start and end at the same time near the tail of the Airfoil.
a. 熱ワイヤーは翼の後部からスタートしそこで終了します。


オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.