Rotary Toolpath Tutorial
回転式の Toolpath教本

1. Make sure you have version 2.0.0.67 or later.
1. バージョン2.0.0.67以降で動作します。
2. Download fleur.lzh and save to your DeskCNC folder.
2. fleur.zipをダウンロードして、DeskCNCフォルダーに保存してください。
3. Select menu Options - Misc, set the post Processor to 'ThreeAxisRotary'.
3. メニュー・オプションを選択しその他の「ThreeAxisRotary」をポスト・プロセッサにセットします。
4. Select menu Setup - Machine Setup - Machine, set your machine to 4 axis w/ Rotary.
4. メニュー・セット・アップ−機械セット・アップ−機械を選択して、4 軸 w/ロータリーに設定します。
a. Set your machine to Millimeters for this Tutorial.
a. この教本ではミリメートルに設定してください。
5. Select menu File - open STL - Open STL for Rotary and load the Fleur.Stl file.
5. メニュー・ファイル−STLを開く−ロータリー用にSTLを開いて、Fleur.Stlファイルをロードします。
a. All Rotary STL files should be oriented along the X axis.
a. すべての回転式STLファイルはX軸を基準にします。
b. The screen should look like...
b. 画面は次のようになります...

6. Select menu Toolpaths - Rotary and enter the following....
6. メニューのToolpaths−ロータリーを選択して、下記の様に入力して下さい....
a. Rapid Height = 25 (should be higher than tallest point of STL model).
a. 即回避高さ=25(STLモデルの最高いポイントより高して下さい).
b. Coolant = OFF.
b. 冷却液=OFF。
c. X Margin = 2. (The length along the X axis before and after the Model begins and ends).
c. Xマージン=2. (モデルの始めと終わりに、X軸が手前から過ぎるまで)。
d. Min X and Max X are automatically set.
d. 最小 Xおよび最大Xは自動的にセットされます。
e. Min Radius = 8 (The minum depth of cut). This should be set so that the Margins do not 'cut off' the part.
e. 最小半径=8(カットの最小深さ). 削らない部分のマージンを此のように設定して下さい。
In the case of this Ring, it should be slightly less than the radius of the Finger Hole.
この様な指輪の場合には、指穴よりわずかに小さくして下さい。
f. Tool = 20 degree Conical (Dia, Angle, and Type are automatically set).
f. 工具=20度の円錐形(Dia、角度およびタイプは自動的にセットされます)。
g. Rotary Step = 360 (The number of steps to Index the Rotary axis: 360 = 1 degree increments).
g. 回転式ステップ=360(回転式軸を度で割り振ると全周の角度は360度).
h. X Step = 0.1 (The distance to step along the X axis).
h. Xステップ=0.1(ステップ分割X軸距離).
i. RPM = 25000.
i. 回転数RPM=25000.
j. Feedrate = 400.
j. 送り速度Feedrate=400.
k. Plungerate = 400.
k. 押し下げ速度Plungerate=400.
7. Your parameters should look like...
7. パラメーター次のようにして下さい...

8. Click the Create button.
8. 作成Createボタンをクリックしてください。
It will take a minute for the toolpaths to be calculated.
 toolpathsが計算される のに1分程かかるでしょう。
9. Your screen should look like this after rotating the toolpaths...
9. 画面はtoolpathsが回転して、次のようになります...

10. Select menu Toolpaths - Run Machine.
10. メニューToolpathsを選択して、機械を動作させて下さい。
a. Accept the default filename and save the toolpaths.
a. デフォルト・ファイル名を許可して、toolpathsを保存してください。
11. The toolpaths are saved and automatically loaded.
11. toolpathsは保存されて、自動的にロードされます。
12. If you have your machine connected, you can now run the GCode and machine the ring.
12. 機械を接続して有れば、直ぐにG−コードを実行し、輪を機械加工することができます。
13. Here is the Ring machined in Urethane proof board using a Rotary Step = 0.1...
13. これは、回転式のステップ=0.1に設定して、ウレタン棒材を機械加工した指輪です...
Finished Ring[完成した輪]
オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.