Measuring and Using Tool Length Offsets
ツール長さオフセットの測定および使用

Tool Length Offsets (TLO's) are easily measured using the optional DeskCNC Digitizing Probe/Tool Sensor. There are several methods for machining with TLO's. Below lists just one method.
ツール長さオフセット(TLOの)は調査/ ツールセンサーをディジタル化するオプションのDeskCNCを使用して、容易に測定されます。 そこにあります。TLOで機械加工できるいくつかの方法。 リスト以下に、単に1つの方法。

TLO's are measured using the M96 or M97 codes. M96 moves to the Tool Sensor Location defined in menu Setup - Machine Setup - Digitizing Probe. M97 does not move to location but rather moves directly 'down' to the tool sensor. M97 is used when the tool sensor is manually moved/placed under the tool for measurement. M96 is used when the tool sensor is semi-permanently mounted to a fixed location on the machines table.
TLOはM96またはM97のコードを使用し て測定されます。 M96はツールに移ります。調査をディジタル化するメニュー・セット・アップ(機械セット・アップ)に定義されたセンサー位置。 M97は位置へ移動しないが、直接やや移動します「を下って」ツール・センサーに。 ツール・センサーが手動で移動される場合、M97は使用されます/測定用のツールの下に置かれました。 ツール・センサーが固定位置へ機械テーブルに半永久にマウントされる場合、M96が使用されます。

Measuring TLO's:
TLOのの測定:
1. If using M96, set the tool sensor location in menu Setup - Machine Setup - Tool Sensor - X/Y Location along with the Tool Sensor Height. The Sensor Height is relative for this method of calculating TLO's so it does not have to be entered exactly. Make certain that the Default Lim Polarity is set to Normally Closed when using the Digitizing Probe or Tool Sensor.
1. 場合 M96を使用して、メニュー・セット・アップ-機械セット・アップ-ツール・センサー-ツール・センサー高さに加えたX/Yの位置---の中でツール・セ ンサー位置をセットしてください。センサー高さは、それを正確に入力する必要がないようにTLOのを計算するこの方法には関連します。 デフォルトLim極性がディジタル化するプローブかツール・センサーを使用するときに通常閉じたセットであることを確かめてください。

2. Tool Changes are executed using a Tx M6 combination. A tool needs to be loaded for the M96/M97 commands to function. Enter T1M6 in the MDI box and press Enter. The Tool 1 'Tool Change Script' will be executed ( Tool Change Scripting). Tool 1 should now be in the Spindle.
2. ツール変更はTx M6コンビネーションを使用して実行されます。 ツールを機能するM96/M97コマンドのためにロードする必要があります。 入力しますMDI箱の中のT1M6および圧迫は入力します。 ツール1「ツール変更スクリプト」実行されるでしょう(ツール変更スクリプトに)。 ツール1は今軸にあるべきです。

3. Place the Tool Sensor under the tool and Enter M97 in the MDI box. TLO's are measured using the current feedrate. Enter a new feedrate (F) if warranted.
3. 場所、ツールの下のツール・センサーおよび 入力しますMDI箱の中のM97。 TLOは現在のfeedrateを使用して測定されます。 もし保証されれば新しいfeedrate(F)を入力してください。

4. The Spindle will lower the Tool to the Sensor and record the TLO. The TLO will be active. The TLO for Tool 1 will NOT be saved in the Tool Library until you save the Tool Library from menu Setup - Tool Library - Save. You can measure all tools and then save the entire table.
4. 軸は、センサーへのツールを低下させて、TLOを記録するでしょう。 TLOは活発になります。 あなたがメニュー・セット・アップからツール図書館を保存するまで、ツール1用のTLOはツール図書館で保存されないでしょう。- ツール図書館-保存します。 ツールをすべて測定し、次に、全テーブルを保存することができます。

5. Once a TLO has been measured, it will need to be active when machining. This is done with the G43 Hx command where x is the tool number. The G43 Hx may be placed in the Tool Change Script.
5. 一旦TLOが測定されたならば、機械加工できる場合、それは活発な必要があるでしょう。 xがツール番号である場合、これはG43 Hxコマンドをやめます。 G43 Hxはツール変更スクリプトに置かれるかもしれません。

6. When the Spindle is Zeroed, the Active TLO is used.
6. 軸がZeroedされる場合、活発なTLOが使用されます。

Using TLO's when machining:
次のものを機械加工する場合にTLOのを使用 すること:
1. Place the first tool used in your GCode file in the Spindle. Do this be entering T1M6 (assumes Tool 1) in the MDI box. The tool change script for Tool 1 will be executed. The Tool Change Script should include the G43 H1 command to make the TLO for tool 1 active. The TLO readout in DeskCNC will display the current TLO.
1. 軸の中のあなたのGCodeファイルの中で使用される第1のツールを置いてください。 これはMDI箱にT1M6(ツール1を仮定する)を入力していますか。 ツール1用のツール変更スクリプトが実行されるでしょう。 ツール変更スクリプトは、ツール1用にTLOを作るG43 H1コマンドを含んでいるべきです、活発。 DeskCNCの中のTLO呼び出しは現在のTLOを表示するでしょう。

2. Zero the tool to the part material. The Z Coordinate will reflect the active TLO.
2. ゼロ、部分資料へのツール。 Z対等の物活発なTLOを反映するでしょう。

3. Run the GCode file. All subsequent tool calls will place the tip of each tool at the proper Z Height according to their TLO.
3. GCodeファイルを実行してください。 Allの後のツール呼び出しは、それらのTLOによる適切なZ高さに各ツールの先端を置くでしょう。

オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.