The G-Code Interpreter
    G-コードインタープリター
DeskCNC supports the following G and M Codes
DeskCNCはGとMのコードに対応します。
G0 rapid positioning
G0 位置の急速移動
G1 linear interpolation
G1 線形動作
G2 circular (clockwise XY Plane Only)
G2 円弧動作(右回りにXY平面のみ)
G3 circular (counterclockwise XY Plane Only)
G3 円弧動作(左回りにXY平面のみ)
G4 Dwell
G4、居住する
G10 coordinate system origin setting
G10 初期位置設定
G17 xy plane selection
G17 平面選択
G20 inch system selection
G20 インチ尺度選択
G21 millimeter system selection
G21 ミリメートル尺度選択
G40 cancel cutter diameter compensation
G40 カッター直径補償取り消 し。
G41 start cutter diameter compensation left
G41 左カッター直径補償開始
G42 start cutter diameter compensation right
G42 右カッター直径補償開始
G43 tool length offset (plus)
G43 ツール長さオフセット(プラス)設定
G49 cancel tool length offset
G49 ツール長さオフセット取 り消し
G53 motion in machine coordinate system
G53 運動機械座標系動作
G54 use preset work coordinate system 1
G54 仕事座標系設定1使用
G55 use preset work coordinate system 2
G55 仕事座標系設定2使用
G56 use preset work coordinate system 3
G56 仕事座標系設定3使用
G57 use preset work coordinate system 4
G57 仕事座標系設定4使用
G80 cancel motion mode (including any canned cycle)
G80 運動モード取り消し(全てのキャンドサイクルを含む)
G81 drilling canned cycle
G81 穴明けキャンドサイクル
G83 chip-breaking drilling canned cycle
G83 チップブレーカ、穴明け キャンドサイクル
G85 boring, no dwell, feed out canned cycle
G85 ボーリング、ドエル無し、キャンドサイクル離脱
G86 boring, spindle stop, rapid out canned cycle
G86 ボーリング、主軸停止、迅速離脱キャンドサイクル
G87 back boring canned cycle
G87 逆ボーリングキャンドサイクル
G88 boring, spindle stop, manual out canned cycle
G88 ボーリング、主軸停止、手動離脱キャンドサイクル
G90 absolute distance mode
G90 絶対距離モード
G91 incremental distance mode
G91 加算的(相対)距離モード
G92 offset coordinate systems
G92 オフセット座標系
G92.2 cancel offset coordinate systems
G92.2 オフセット座標系取り消し
G93 inverse time feed mode
G93 逆送りモード
G94 feed per minute mode
G94 分当たりの送りモード
G98 initial level return in canned cycles
G98 初期復帰キャンドサイクル
G99 R-point level return in canned cycles
G99 R−ポイント復帰キャンドサイクル
M0 program stop
M0 プログラム停止
M1 optional program stop
M1 オプションのプログラム停止
M2 program end
M2 プログラム終了
M3 Spindle on Clockwise
M3 主軸右回り
M4 Spindle on Counter Clockwise
M4 主軸左回り
M5 Spindle Off
M5 主軸停止
M6 tool change
M6 工具変更
M7 Mist Coolant On
M7 冷却液、噴霧
M8 Flood Coolant On
M8 クーラント液、送液
M9 Coolant Off
M9 冷却液停止

M90 Aux1 0N
M90 補助出力1 ON
M91 Aux1 OFF
M91 補助出力1 OFF
M92 Aux2 0N
M92 補助出力2 ON
M93 Aux2 OFF
M93 補助出力2 OFF
M94 Aux3 0N
M94 補助出力3 ON
M95 Aux3 OFF
M95 補助出力3 OFF


It is not my intention to explain in detail the above codes, 
上記のコードについて詳細の説明です、
but hopefully I can give you enough information to get you over the initial stages of manually editing the g-code (.dnc) files that Deskcnc uses in its machining process.
Deskcncで機械加工をする、プロセスで使用するために、
g-コード(.dnc)ファイルを手動で編集する、初期の段階の十分な情報が有ります。

There is plenty of detailed information available on the Internet or elsewhere, and the best way for you to learn is by experimenting in altering your existing code or producing new.
インターネットで、あるいは他のところに利用可能な多くの詳細な情報、学習する最良の方法があ ります、
既存のコードの変更か新しい作成の実験をして下さい。

A common way of producing g-codes within Deskcnc is by inputting a dxf or other drawing file.
Deskcncにg-コードを作成するにはdxfあるいは他の図面ファイルを入力してください。

The resulting codes may need editing, in particular if you have appended a number of files, so it is essential that you have at least a basic understanding of g-codes.

あなたが多くのファイルを追加したならば、生じるコードは編集が必要かもしれません。
したがって、あなたがG-コードについての基礎的な理解を持っていることが必要です。

Each line of code is to be considered as a block.

コードの各ラインはブロックと見なされます。

This block contains at least one letter followed by a numeric field which refers to the value to be assigned to that letter or function. Comments can be added and are enclosed in brackets.
ブロックは、その文字あるいは機能に割り当てられるために値を参照 し、数値のフィールドが後続の1個以上の文字を含んでいます。
You can relatively easily write correctly formatted g-codes, or edit existing g- codes with a standard ASCII text editor, such as windows notepad.
新たに正確なフォーマットのG−コードを容易に書くか、あるいは ウィンドウノートパッドのような普通のアスキー文字エディターで編集できます。
Spaces or tabs are ignored, but their use increases readability. 
スペースまたはタブは無視されます。
Blank lines are also ignored. 
空白ラインも無視されます。
The code is case insensitive, upper or lower case characters are translated the same. 
コードは大文字、小文字で有っても同 じ様に翻訳されます。

If you append a number of files, you will find that the machining stops when it hits the first M2, so you will probably want to delete these from the files, (leave the last one, however) and possible the preceding and following G0 x0 y0 z0 blocks or whatever.
ファイルを追加して、
最初の部分にM2を打った場合、それが機械加工の停止となります。
したがって、ファイル の
先行するこれらを削除すれば
次であるG0 x0 y0 z0ブロック・・、 あるいは何でも
が可能です(最後のものが残ります)
Line numbers begin with an N.
ライン番号はNから始まります。

Within deskcnc this line number is not referred to or otherwise used,
but it helps you to trace errors or edit the code, or track the machining process
(Note that the line highlighted in the small edit window
at the bottom of the machine screen is not the line being machined at the moment.)

deskcncの内では、このライン番号が引用されず、使用されません、
それは、エラーをあるいはコードを編集するのを助け、
あるいは機械加工できるプロセスを追跡できます。
(注意、機械スクリーンの下部にあるの小さな編集窓で強調されたラインは
そのときの機械加工しているラインでは有りません。)

Many codes are modal, that means they are active until they are changed, even outside of their block.
For example the line of code g01 Z-5.00 will set the z axis to -5.00.
例、コー ド G01 Z−5.00のラインはZ軸を−5.00にセットします。
Subsequent moves such as g01 x5 y25.44 will move the cutter from where it was to x5, y25.44 at a depth of 5.00.
最初にg01 x5 y25.44であったとすると x5 y25.44 でZ深さ5 にカッターが移動します。
(It is usual to set the top surface of the workpiece as Z0, thus any cutting into the work will be given by negative Z values.)
(ワークピースのの表面上をZ0としてセットすることも有ります、
その場合、加工中の切断はマイナスのZ値によって与えられます。)

The feed rate is also modal, and like other commands it applies to its current block and subsequent ones.
Thus G01 x5.0 f150 will move the cutter at a speed of 150 to a new position at x5.0 subsequent g01 moves will be at the same speed, until another 'f' value is entered.
Feed rate does not apply to G00 moves, of course.
送り速度は様式です。
また、他のコマンドと同じように、現在のブロックおよび後のものにも適用ます。
この場合、G01 x5.0 f150 は150の速度でx5.0の新しい位置にカッターを移動させる、別の「f」価値が入力されるまで同じ速度です。
もちろん、
送り速度はG00(急速移動)の動きに当てはまりません。
For circular moves, G2 and G3, as well as the X,Y end of arc coordinates there will either be an I and J value, or an R value.
The example below demonstrates this use.
I, J is the distance from the start of the arc to the centre, or R is the radius.
円弧動作、G2およびG3、さらに円弧の終了のXとYや、IとJの値、あるいはRの値が組み合わされます。
下記の例はこの使い方です。
IとJは開始点からの弧中心距離で、Rは半径です。

N10 G00 z2.00
N10 G00 z2.00
N20 G00 x20 y20
N20 G00 x20 y20
N30 G01 z-5 f200
N30 G01 z-5 f200
N40 G02 x30 y10 I0 J-10 f300
N40 G02 x30 y10 I0 J-10 f300
N50 G00 z2.00
N50 G00 z2.00
This will move the cutter above the work surface, then go to x20, y20 at rapid speed, then feed down at a rate of 200, cut a clockwise arc of radius 10 ( centred on x20,y10) to a position x30,y10 at a feed rate of 300 then raise the cutter to clear the work piece again. 
これは、材料表面上z2にカッターを移動させて、次に、迅速な速度でx20、y20に行き、次に、200の送り速度でz−5まで下へ移動し、300の送り速度で位置x30、y10まで半径10(x20、y10の中心)の右回りの円弧を切断し、その後、材料をカッターを 元のz2の位置まで上げます。
The line N40 could also be written as N40 G02 x30 y10 r10 f300.
N40 G02 x30 y10 r10 f300としてラインN40を書くことができるかもしれません。
I0 J-10の代わりに
M6 will normally stop the machine to allow a tool change.
You can write your own macro code to move the tool to the appropriate position, (see the software help documentation).
The results of M7,M8,M9 commands for coolant are brought out to terminals on the controller board,
and you can use relays or whatever to switch coolant on or off, or use these commands to control other functions.
M6は、ツール変更のために機械を停止させます。
適切な位置にツールを移動させるため独自のマクロのコードを書くことができます(ソフトウェア支援ドキュメンテーションを参照)、

M7、M8、M9 コマンドは冷却液用に制御基板のターミナル出力です、それらにはリレーを使用してもよい、
冷却液のスイッチを入切り
、あるいはそれ以外に、他の機能をコントロールにこのコマンドが使用できます。
The modal drilling canned cycle is entered in the form
穴明けモード、キャンドサイクルは、形式に従って入力されます。
G81 x10 y10 z-15 r-10 f75
G81 x10 y10 z-15 r-10 f75
X20 y20
X20 y20
X30 y30
X30 y30
G80
G80
G00 z2
G00 z2
This will drill three holes, at x10,y10 x20,y20 x30,y30 to a depth of 15.
x10、y10と x20、y20と x30、y30に15の深さで、3つの穴を空けるでしょう。
The r value is the start depth of drilling,
R値はドリルの開始からの深さです。

so the above code would apply to a surface which had already been milled out to a depth of more than 10 (assuming surface was at z0.)
したがって、上記のコードは、既にミルにかけられた表面(z0に あったと仮定して)に対し10以上の深さになるでしょう。
The feed rate (75) will only apply to the drill macro,
and the machine will revert to the previously feed rate setting after the holes have been drilled
送り速度(75)はドリル・マクロにあてられていて、穴が空けられ た後に、機械はセットされた以前の送り速度に戻ります。
G83 is the chip breaking version, it will withdraw the drill to clear swarf, and is useful for deep holes.
G83はチップブレーカ・バージョンです、それは、
深穴用に削り屑を取り除くためにドリルを引き上げます。
The code looks like
コードはよく似ています。

G83 x10 y10 z-25 r1 q4 f75
G83 x10 y10 z-25 r1 q4 f75
This is similar to code G81, except it will withdraw the cutter every 4 units of drilling, i.e. It will go to x10,y10,z1 then go to z-3, withdraw, go to z-6, withdraw, go to z-10, withdraw, and so on.
G81のコードに
ドリルを引き上げる以外は、類似しています、ドリルの4単位ごとの送り深さ、Z−25まで
x10、y10に行き、z1、その後、z-3に行き、引き上げて、z-7に行き、引き上げ、z-11に行き、引き上げ・・となります。

This is often referred to as 'pecking', for obvious birdlike reasons.
これは、鳥がつつく様な動作です。

Remember to cancel the canned cycles with code G80.
コードG80のキャンドサイクルは取り消しです。
It is suggested that you experiment with the codes that you are likely to use, so that you gain a full understanding of how your machine behaves.
コードで(仮想)試験すると実際の動作と同じように示され、機械がどう作用する か理解できます。
It is simple to write fragments of code, or alter existing code with the editor, in the machine mode, and immediately test the effect by running the code.
コードを書くか、エディターで既存のコードを変更し、加工モードに して、コードの実行により結果をテストすることが出来ます。
The results can be seen on screen, provided the controller board is powered up, you need waste no material in testing.
電源の入った制御基板が必要で、試験中の材料は必要なく、
結果は スクリーン上で見ることができます。

オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.