DeskCNC基板の詳細




RS232C Interface
5
4
3
2
1
SG(Gnd)
DTR
TXD
RXD
DCD
RI
CTS
RTS
DSR
9
8
7
6
RS232C オス−メス ストレートケーブル
2−2、3−3、5−5のみ使用で
WINDOWSパソコンと接続できました。







Power 電源供給 外部に5Vレギュレーターを付けて+5V端子に供給することが出来ます。
Gnd
+5dc
+9dc


この説明の10番Pinに□マークがあります。
元は此処が1番Pinのはずですが、
カールさんのHPの図には番号が振って有りませんので、
勝手に番号を振りました。
この順番ですとヘッダPinコネクタの△マークとも合いますし
普通のフラットケーブルの順番とも合います。

基板裏面
Gnd
Start
Pause
Limit
Estp
+5
HomeA
HomeZ
HomeY
HomeX

Gnd
+5
Index
B
A

Gnd
PWM
Aux3
CCW
Aux2
+5
Mist
Flood
CW
Aux1

Gnd
Adir
Xdir
Ydir
Zdir
+5
Astep
Xstep
Ystep
Zstep


フラットケーブル、コネクターの1番ピンの位置です。
出っ張りのあるタイプですとこの向きにしか差せません。
(カールさんの画像とは反対の差し方になります)

実際にはよく見ないと判らない三角形です。

コネクターと
ケーブルの色と番号の関係です。

Encoder エンコーダー 旋盤などの主軸にエンコーダーがある場合 
A,B相とインデックス信号でねじ切りなどの同期が取れます。
外部エンコーダーに5Vの電源を供給します。
Gnd
+5
Index
B
A



Step/Dir can sink/source 25 mA per pin シンク(流し込み) ソース(流し出し)
ソフト上で論理が逆転できます。
+5
Astep
Xstep
Ystep
Zstep
Gnd
Adir
Xdir
Ydir
Zdir

Out I/O can sink/source 25 mA per pin シンク(流し込み) ソース(流し出し)
ソフト上で論理が逆転できます。
PWM、CW、CCW は主軸の回転制御に使えます。
+5
Mist
Flood
CW
Aux1
Gnd
PWM
Aux3
CCW
Aux2

Encoder エンコーダー 旋盤などの主軸にエンコーダーがある場合 
A,B相とインデックス信号でねじ切りなどの同期が取れます。
Gnd
+5
Index
B
A

In I/O Pause、Start はA接点 Estp、Limit、HomeX、HomeY、HomeZ、HomeA
はB接点です。
計測プローブを接続する場合はLimitに接続して下さい。
そして、リミットSWはEstpに接続して下さい。




10
+5
HomeA
HomeZ
HomeY
HomeX
Gnd
Start
Pause
Limit
Estp






Estp と Limit を Gnd に接続すると
解除状態になります。




DeskCNCの基板から出る4X10本の線を40ピンのコネクタに繋いで差すことが出来る基板を作りま した。 フォトカプラを通したり直接外部に出したりします。


 
 

 オス型基板用コネクタを使って下さい 
パターン面です
このパターンは問題があります。
10PINコネクタを部品面に付けて、DeskCNC基板には問題なく刺さりますが、
メス型基板用コネクタはパターン面から刺さることになり、
パンダ付けできません。
(コネクタの1ピンと25ピンを左右逆にしなければ成りません)

オス型基板用コネクタを使って下さい。

左のパターンです。

ES
A1
A2
GD
GD
GD
GD
GD
GD
GD
GD
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25










10
11
12
13
CW
XS
XD
YS
YD
ZS
ZD
AS
AD
LM
HX
HY
HZ

次はよくある接続例です。
1 STB OUT SPINDLE
2 D0 OUT X-STEP
3 D1 OUT X-DIR
4 D2 OUT Y-STEP
5 D3 OUT Y-DIR
6 D4 OUT Z-STEP
7 D5 OUT Z-DIR
8 D6 OUT A-STEP
9 D7 OUT A-DIR
10 ACK IN EMG/INDEX
11 BUSY IN LS-X
12 PEND IN LS-Y
13 SLCT IN LS-Z
14 FEED OUT AUX2
15 ERR IN LS-A/EMG 注1
16 INIT OUT AUX1
17 SELIN OUT M-ENB
18-25 GND

オリジナル Copyright (C) 1996-2004 Carken Co.
日本語 Copyright (C) 2005 K.nonnno.